マエアカスカシノメイガ Palpita nigropunctalis
(ツトガ科ヒゲナガノメイガ亜科)

夏の暑さが過ぎ、本格的な秋の訪れを感じはじめる9月の早朝に、アベリアの花を訪れたマエアカスカシノメイガを見つけた。

半透明の白い翅と橙色の差し色が美しいガで、早春のまだ寒い時期から灯火やコンビニの灯りに成虫が集まる。幼虫が公園の生け垣や人家に植栽されるネズミモチやライラック、オリーブなど様々なモクセイ科植物を餌としているため、都市から山間部まで広い地域で成虫を目にする。

本種の成虫は真冬以外いつでも見られるような気がするのだが、実は複雑な生活史を持っており、成虫が見られる時期は意外に限られている。幼虫が暑さにも寒さにも弱いのか、あるいは春と秋だけ餌の状態がよいのか、幼虫の生育に適さない時期を休眠してやり過ごすようだ。夏は成虫で、冬は蛹でそれぞれ休眠するらしい(Gotoh et al. 2011, 後藤 2012)。

撮影データ: 2022年9月23日 鳥取県鳥取市
撮影・文章: 中 秀司

閉じる

日本鱗翅学会

関東支部 2024「春のつどい」ご案内(3/9開催)

2024年2月10日公開

日本鱗翅学会関東支部では、2024「春のつどい」を下記の要領で東京大学(本郷キャンパス)にて対面開催することとなりました。鱗翅学会の会員ではなくとも、どなたでも参加できます。

事前に参加登録が必要となりますので、下記「参加方法」を、よくお読みいただき、ご希望の方は「登録フォーム」より、お申し込み下さい。会場の定員に空きがある場合は、登録なしでの当日参加も受け付けます。

また、講演の終了後、対面での懇親会も開催いたします。懇親会へご参加を希望される方は、必ず、参加登録同様に事前申込をして下さい。ただし、懇親会は人数の制限があるため、事前登録制(上限に到達次第、終了)とします。

日時
2024年3月9日(土) 13:00~17:30 (受付開始・開場12:00)
場所
東京大学 本郷キャンパス 理学部2号館4F大講堂
(〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1)
理学部2号館へのアクセス
「春のつどい」参加対象
どなたでも(会員、非会員、地区に関わらず参加は可能です)
「春のつどい」参加費
1,000円(高校生以下無料)
※ 当日に会場受付にてお支払い下さい。
懇親会について
懇親会会場:
一番餃子(東京都文京区本郷 5-28-2)
懇親会時間:
18:00-20:00
懇親会参加費:
一般: 4,000円・高校-大学生: 2,000円・中学生以下: 無料
※ 当日に会場受付にて「春のつどい」参加費と共に懇親会費を現金にてお支払い下さい。
注)学生の方は学生証を持参ください。どなたでも参加できますが、上限人数45名に到達次第、終了です。お早めの申込をお願いします。
参加方法
1) 下記「登録フォーム」から申し込み
2) 当日、会場受付にて現金で支払い(受付開始・開場12:00)
3) 名札を受け取り着用(必ず名札をご着用ください)
4) 入場(出入りは自由です)
登録フォーム: 以下の「登録フォーム」に必要事項を入力し、回答を送信してください。
ここをクリック: 必要事項を入力し送信して下さい
申込〆切日
2024年2月25日(日)
注)懇親会は上限に達し次第、終了となります。ご了承ください。
その他
登録フォームやメールが利用できない方は、ハガキにて以下の必要事項を書き込み、下記「お問い合わせ」の宛先まで、お申し込み下さい。
  • ・参加される方: 姓(漢字)名(漢字)、姓(ふりがな)名(ふりがな)
  • ・鱗翅学会登録状況: 会員・非会員
  • ・春のつどい後の懇親会参加: 参加する / 参加しない
  • ・ご自身の住所、連絡のつく電話番号

プログラム

13:00 開会
一般講演
稲垣 健: 京都市上京区で採集したツマグロキチョウについて
佐々木幹夫・宮川直遠: コムラサキ越冬幼虫の休眠覚醒
浅香克彦: 紀伊半島南東部におけるウラキンシジミの生息環境等について
町島佳幸: 北海道の温暖化とクスサン発生動向
青木航太: シロオビアゲハとモンキアゲハの雑種を用いたスーパージーンの異種浸透性の検討
川田智子・木村祐介・堀内英士: 都立公園のバタフライガーデン 生物多様性保全の取組について
特別講演1
松田陽二: 写真と動画で紹介するインドの蝶と環境
特別講演2
朝日純一: マイ『終活』図鑑・マイ テスタメント・Hard to get an exit !!!
17:30 閉会
18:00-20:00 懇親会(一番餃子)
企画・運営
日本鱗翅学会関東支部幹事会

お問い合わせ

〒409-0126

山梨県上野原市コモアしおつ 1-27-5

福田 晴男

E-mail:lsj.kantogmail.com

福田 晴男 (関東支部長)

日本鱗翅学会

〒113-0001
東京都文京区白山 1-13-7
アクア白山ビル5F
勝美印刷株式会社内 日本鱗翅学会事務局
※ お問い合わせフォームより御連絡下さい。

鱗翅(りんし)というのは鱗翅目(チョウ目)Lepidopteraのことで、鱗粉のある翅を持った昆虫すなわちチョウやガの仲間です。この小さな生き物はその素晴しい魅力で古い時代から私たちをひきつけてきました。日本鱗翅学会はこのチョウやガを研究対象とする学術団体で、アマチュアから専門家まで幅広い層のメンバーが協力しながら活動しており、興味のある人は誰でも入会できる開かれた学会です。