マエアカスカシノメイガ Palpita nigropunctalis
(ツトガ科ヒゲナガノメイガ亜科)

夏の暑さが過ぎ、本格的な秋の訪れを感じはじめる9月の早朝に、アベリアの花を訪れたマエアカスカシノメイガを見つけた。

半透明の白い翅と橙色の差し色が美しいガで、早春のまだ寒い時期から灯火やコンビニの灯りに成虫が集まる。幼虫が公園の生け垣や人家に植栽されるネズミモチやライラック、オリーブなど様々なモクセイ科植物を餌としているため、都市から山間部まで広い地域で成虫を目にする。

本種の成虫は真冬以外いつでも見られるような気がするのだが、実は複雑な生活史を持っており、成虫が見られる時期は意外に限られている。幼虫が暑さにも寒さにも弱いのか、あるいは春と秋だけ餌の状態がよいのか、幼虫の生育に適さない時期を休眠してやり過ごすようだ。夏は成虫で、冬は蛹でそれぞれ休眠するらしい(Gotoh et al. 2011, 後藤 2012)。

撮影データ: 2022年9月23日 鳥取県鳥取市
撮影・文章: 中 秀司

閉じる

日本鱗翅学会

2023年度 日本鱗翅学会九州支部/九州・沖縄昆虫研究会合同大会プログラム

2023年12月10日公開

今年度の日本鱗翅学会九州支部大会のプログラムが確定しましたので案内いたします。

大会概要

日時:
2023年12月10日(日)
会場:
九州大学伊都キャンパス(〒819-0395 福岡市西区元岡744番地)ウエスト5号館226講義室 および Zoom配信

大会スケジュール

12月10日(日)
  • 12:00~
    受付開始・試写(画面共有等の確認)
    13:00~13:15
    九州・沖縄昆虫研究会総会・日本鱗翅学会九州支部総会
    13:15~14:15
    特別講演「国立科学博物館における昆虫コレクションの収集・保管と利用」
    野村 周平 (国立科学博物館)
    14:15~14:25
    休憩
  •  
  • 14:25~16:25 一般講演 (発表者に下線が引かれている場合はオンライン発表)
    14:25~14:40
    隠蔽環境に置かれたナナフシ卵に対するアリ・捕食者の応答
    大片 智裕(九州大・農)・三田 敏治(九州大院・農)
    14:40~14:55
    ハヤシケアリとともに得られた日本未記録属Acanosema Kieffer, 1908(ハチ目: ハエヤドリクロバチ科)の一種
    河合 諒人(九州大・農)・三田 敏治(九州大院・農)
    14:55~15:10
    Carebara pygmaea種群(アリ科: フタフシアリ亜科)の分類学的再検討
    松浦 公平(九州大・農)・三田 敏治(九州大院・農)・細石 真吾(九州大・熱研セ)
    15:10~15:25
    小笠原諸島で発見されたStathmopoda属(チョウ目: ニセマイコガ科)の不明種について
    浜口 純平(九大・農)・屋宜 禎央・広渡 俊哉(九大院・農)
    15:25~15:40
    休憩
    15:40~15:55
    九州・南西諸島から採集されたスダジイを利用する2種のStenolechia属(鱗翅目・キバガ科)
    酒井 大輔・坂巻 祥孝(鹿児島大院・農)・屋宜 禎央(九州大院・農)
    15:55~16:10
    鱗翅目に対する微生物農薬がシロヘリクチブトカメムシに与える生理的影響
    小林 太樹・坂巻 祥孝(鹿児島大院・農)
    16:10~16:25
    チャ圃場で採集したアザミウマタマゴバチ類(Megaphragma spp.)の比較
    中田 誠人・坂巻 祥孝(鹿児島大院・農)

  • 16:25~ 閉会の辞

講演者の注意事項

  • 1) 12月10日(日) 12:00~13:00に試写の時間を設けます。発表者は、この時間中に、音声確認・画面共有ができることを確認してください。
  • 2) 一般講演は、Zoomの画面共有で行います。
  • 3) 講演時間は、質疑を含めて15分です(12分発表+3分質疑)。
  • 4) パワーポイント等の資料は、フルスクリーン・モード等にして、参加者が見やすいようにご配慮ください。
  • 5) 発表するときは、可能であればビデオをオンにします。対面で発表する方は音声は、会場のスクリーン投影用パソコンに接続したスピーカーから出入力するので、ミュートにしてください。
  • 6) 学会のオンラインでの発表は、自動公衆送信による再送信とみなされますので、著作権への配慮が必要です。画像や文献の出典を明記してください。

参加者の注意事項

  • 1) 12月10日(日)は12:00から受付開始しております。時間に余裕を持ってご参加ください。
  • 2) 前日に参加URL等がメールで届かない場合、参加登録が上手くできていないか、登録したメールアドレスに間違いがあると思われますので、屋宜(yagi.sadahisaagr.kyushu-u.ac.jp)までご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。
  • 3) オンライン参加者は、質疑の際以外はマイクをミュート(消音)に設定してください。
  • 4) 質疑は、音声による質疑の他に、チャットによる質問も受け付けます。ただし、質疑時間の制約上、口頭での質問を優先させることもありますので、ご了承ください。
  • 5) 発表者の許可がない限り、受信映像や発表資料の保存(画面キャプチャーを含む)、録音、再配布を禁じます。
  • 6) 誹謗中傷などの迷惑行為はしないでください。
  • 7) 参加者用のリンクを他者には教えないでください。

大会事務局

大会長: 広渡 俊哉

 E-mail:hirowat_tagr.kyushu-u.ac.jp

事務局:

 紙谷 聡志 E-mail:kamitaniagr.kyushu-u.ac.jp

 屋宜 禎央 E-mail:yagi.sadahisaagr.kyushu-u.ac.jp

日本鱗翅学会

〒113-0001
東京都文京区白山 1-13-7
アクア白山ビル5F
勝美印刷株式会社内 日本鱗翅学会事務局
※ お問い合わせフォームより御連絡下さい。

鱗翅(りんし)というのは鱗翅目(チョウ目)Lepidopteraのことで、鱗粉のある翅を持った昆虫すなわちチョウやガの仲間です。この小さな生き物はその素晴しい魅力で古い時代から私たちをひきつけてきました。日本鱗翅学会はこのチョウやガを研究対象とする学術団体で、アマチュアから専門家まで幅広い層のメンバーが協力しながら活動しており、興味のある人は誰でも入会できる開かれた学会です。