ベニスズメ Deilephila elpenor
(スズメガ科ホウジャク亜科)

5月も中旬を過ぎるとクヌギの樹液の出が活発になってくる。暗い林を歩いていると独特の匂いが漂ってきて「樹液廻りの季節がやってきたなあ...。」と嬉しくなる。夜の帳が降りる頃、まず最初にやってくるのがベニスズメだ。彼らは2時間程樹液にまとわりつき、そして消えていく。

ベニスズメは旧北区に広く分布している。日本に分布しているものは亜種lewisiiとされており図巻等でもそのように示されているが、亜種として分ける区別点は見いだせない。また、ベトナムからヒマラヤにかけてやや大型の亜種macromeraが分布している。

幼虫はツリフネソウ科やアカバナ科の草本で良く見られ、終齢幼虫は褐色だがまれに緑色のものもある。ベニスズメの英名は&dquot;Large elephant hawkmoth&dquot;で,これは幼虫の頭胸部が象の鼻に似ているからだという。まあそう見えなくもないが文化の違う人達の感覚はよくわからないものである。

撮影データ: 2010年5月24日 埼玉県桶川市
撮影・文章: 矢野 高広

閉じる

日本鱗翅学会

保全のための放蝶に関するガイドライン

保全のための放蝶(以下、放蝶)には、「再導入」(一度絶滅した場所に放蝶する)、 「補強」(まだ生息している場所に放蝶する)、「保全的導入」(生息が確認されていない場所に放蝶する)の3タイプがあるが、いずれの場合も、次の7点の条件をすべて満たした場合には、原則として可能とする。

  • 1) 放蝶は原則認めないが、生息域内保全等、考えうる他の措置を尽くしたうえで、放蝶以外にその地域個体群を守るすべがない場合。
  • 2) 遺伝子解析等により、放蝶個体群(放蝶個体を供給する個体群)が放蝶先の個体群と同じ「保全単位」に属すとみなされる場合。
  • 3) 放蝶活動が放蝶元の個体群に対して大きなインパクトを与えないことが保障される場合。
  • 4) 放蝶行為とその後の活動が法令などに抵触せず、行政や地権者の理解と協力が得られる場合。
  • 5) 放蝶による他種への悪影響が及ばないと判断される場合。
  • 6) 既存の保全団体および事業があり、放蝶後の永続的な生息地の管理とモニタリングが担保され、その記録が公式に残せる場合。
  • 7) 放蝶計画の立案と実施等について本学会等の専門家の助言や協力が得られる場合。

※「再導入」と「保全的導入」の双方の選択肢がある場合は、実験的試行など特別な場合を除き、原則として「再導入」を優先的に考慮するべきである。

矢後 勝也 (自然保護委員長)

日本鱗翅学会

〒113-0001
東京都文京区白山 1-13-7
アクア白山ビル5F
勝美印刷株式会社内 日本鱗翅学会事務局
※ お問い合わせフォームより御連絡下さい。

鱗翅(りんし)というのは鱗翅目(チョウ目)Lepidopteraのことで、鱗粉のある翅を持った昆虫すなわちチョウやガの仲間です。この小さな生き物はその素晴しい魅力で古い時代から私たちをひきつけてきました。日本鱗翅学会はこのチョウやガを研究対象とする学術団体で、アマチュアから専門家まで幅広い層のメンバーが協力しながら活動しており、興味のある人は誰でも入会できる開かれた学会です。