スギタニルリシジミ Celastrina sugitanii
(シジミチョウ科)

春の野山を代表的するチョウのひとつ。国内分布は北海道~九州。ルリシジミに似るが、年1度春だけに出現し、生息環境は落葉広葉樹林にほぼ限られる(一方、ルリシジミは春から秋まで見られ、公園や農地などの身近な環境にもよく生息している)。トチノキなどの花蕾に産卵し、幼虫はそれを食べて育つ。越冬態は蛹。

成虫は主に樹冠近くの高所で活動するものの、午前中には日当たりの良い林床に下りて日光浴する。そして気温が高くなると、オスは湿った地面に集まって吸水する。

花での吸蜜行動も時おり観察されるが、写真は日光浴中の個体が偶然カタクリの花弁にとまった場面を撮影したもの。この日は気持ちの良い晴天で気温が高く、羽化後間もないスギタニルリシジミが数多く姿を現した。その傍らで飛び古したヒメギフチョウも見られた。

撮影データ: 2015年4月12日 青森県青森市
撮影・文章: 工藤 誠也

閉じる

日本鱗翅学会

『蝶と蛾(Lepidoptera Science)』投稿規程 (2018年1月1日改訂)

  • 1. 個人会員は鱗翅学およびその関連分野の科学的発展に貢献し,他誌に掲載されていないもの,また他誌に投稿中でない原著報文,総説,短報などを「蝶と蛾(Lepidoptera Science)」に投稿することができる.共著の場合は,著者の一人は会員でなければならない.本誌はオンラインジャーナルであり,論文は本学会が指定するウェブページ(J-Stage: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/lepid/-char/ja/)上に掲載する.掲載の順序は原則として最終原稿ならびに図表の受理の日順に従う.
  • 2. 論文記載の順序・形式
    • 1) 表紙(title page): 論文標題(和文および英文),著者名(和文および英文),各著者の住所あるいは所属機関および所在地(和文および英文),ランニングタイトル(和文30字以内,英文15語以内),責任著者(corresponding author),原稿枚数,図表の枚数,連絡先住所,電話番号(Fax等も含む),電子メールアドレス,連絡事項.
    • 2) 本文原稿はMS-Word等のワードプロセッサによってA4判用紙サイズで作成し,タイトルページを1頁とし,各頁にページ番号と行番号を入れること.
    • 3) 和文原稿は横書きとし,平がな,現代かなづかいを用いる.動植物名の和名は片かなを用いる.句読点には . , : ; ・ を用いる.欧文原稿は英語を原則とし,やや広めに行間をあけて作成する.和文・欧文原稿ともに,表題,著者名,著者所属あるいは住所,英文抄録(Abstract),英文キーワード(Keywords),の順に1ページ目を記したのちに本文を開始する.本文は緒言,材料および方法,結果,考察,謝辞,引用文献の順による作成を原則とする.また,引用文献リストの後に,和文原稿にはやや詳しい英文Summaryを,欧文原稿にはやや詳しい和文の摘要をつける.
    • 4) 英文抄録(Abstract)250単語以内とする.英文キーワード(Key words)はアルファベット順に配列し,英単語5語程度とする.このときインターネットなどでの検索上の実効性にも配慮のうえ,標題と重複しない語を選ぶことが望ましい.
    • 5) 本文中で使用する数字は半角を原則とする.度量衡の単位は国際単位系(SI単位)を用い,単位と数字の間は半角スペースを入れる.生物の学名は“Papilio xuthus Linnaeus”のように斜体で記し,初出の場合は命名者名を付す.
    • 6) 本文中で他論文や著作を引用する場合は,(Howarth,1973),(加藤・矢田,2005)あるいはHowarth (1973),杉(1959)などとする.著者が3人以上の場合は(Arita et al.,2009),猪又ら(2013)のように示す.
    • 7) 本文の作成時に他論文の研究内容を紹介する場合には剽窃,盗用にならないように,文章表現に留意し,必ず引用を行う.また,学術論文に不適切な叙情的表現の使用や得られた事実から飛躍した推測は避ける.
  • 3. 引用文献(References)には,本文で直接引用したものだけを記載し,下記の形式で著者名のアルファベット順に配列する.和文論文中では,和文引用文献は著者名とタイトルは和文のままで引用する.投稿中の論文内容を引用する場合には「(著者名,未発表データ)」とし,引用文献に列記しないこと.初稿校正までに投稿論文が受理された場合には,引用文献に加える.
    • 雑誌の場合

    • Arita, Y., M. Kimura and M. Owada, 2009. Two new species of the clearwing moth (Sesiidae) from Okinawajima, the Ryukyus. Trans. lepid. Soc. Jpn. 60: 189-192.
    • 加藤義臣・矢田 脩,2005.西南日本および台湾におけるキチョウ2型の分布とその分類学的位置.蝶と蛾 56: 171-183.
    • 本の場合

    • 猪又敏夫・植村好延・矢後勝也・神保宇嗣・上田恭一郎,2013.日本昆虫目録.第7巻1号 鱗翅目(セセリチョウ上科―アゲハチョウ上科).177pp. 櫂歌書房,福岡.
    • Howarth, T.G., 1973. South's British Butterflies. xiii, 210pp., 48 pls. Frederick Warne, London.
    • 本の一部分を引用する場合

    • 杉 繁郎,1959.ヤガ科.井上 寛他編,原色昆虫大図鑑1.pp. 105-159, pls. 64-106. 北隆館,東京.
    • Nielsen, E.S., 1989. Phylogeny of major lepidopteran groups. In Fernholm, B., K. Bremer and H. Jornvall (eds), The Hierarchy of Life. pp. 281-294. Elsevier, London. Amsterdam.
    • van Steenis-Kruseman, M.J., 1950. Malaysian plant collectors and collections. In van Steenis, C.G.G.J. (ed.), Flora Malesiana Vol. 1. pp. 1-115. Koeltz Scientific Books, Koenigstein.
    • 欧文雑誌名は斜体とし,巻数は欧文も和文も太字とする.号数はカッコで包んで表示するが,巻が通しページである場合は号数を引用しない.

      英文ウェブサイトの場合

    • Japanese Ant Database Group, 2003. Japanese Ant Image Database, 2003. [database on the Internet]. Available from: http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/E/index.html/. [accessed July 2011].
    • Schmid-Egger, C., 2001b. Schlussel fur die Mannchen und Weibchen der europaischen Sceliphron-Arten (Hymenoptera: Sphecidae) [homepage on the Internet]. Bembix Online, Herrsching, Germany [updated August 2001; accessed August 2003]. Available from: http://www.bembix-newsletter.de/Original_contributions/key_sceliphron.htm/.
    • ※ ただし、最終更新日等が不明な場合の年号は、以下の様に最終アクセス年で代用ください

    • Missouri Botanical Garden, 2011. Tropicos.org. Missouri Botanical Garden. Available from http://www.tropicos.org/ [accessed June 2011].
    • 巻号がなくDOIのみが示されている電子ジャーナルの場合

    • Lo, N., R. S. Gloag, D. Anderson and B. P. Oldroyd, 2009. A molecular phylogeny of the genus Apis suggests that the Giant Honey Bee of the Philippines, A. breviligula Maa, and the Plains Honey Bee of southern India, A. indica Fabricius, are valid species (p). Syst. Entomol.Published online: 8 DEC 2009; DOI: 10.1111/j.1365-3113.2009.00504.x
    • 和文ウェブサイトの場合

    • 国土交通省, 2012.河川水辺の国勢調査.生物調査結果. [河川環境データベース] http://www3.river.go.jp/index.htm(2012年2月参照)
    • ※ 最終更新日が明記されていない場合は、上記の様にしてください

    • 国土交通省, 2009.河川水辺の国勢調査.生物調査結果. [河川環境データベース] 2009年3月更新.http://www3.river.go.jp/index.htm (2012年2月参照)
  • 4. 図(線画,写真)は鮮明なものが望ましい.原図を郵送する場合は,薄紙をかけ欄外などに番号を付し,必要に応じて上になる方向と印刷時の縮尺(%)を記す.コンピューター等で作成し電子ファイルで送付する場合には,写真では300dpi以上,線画では600dpi以上の十分な解像度の画像をTIFF, JPEG, EPSあるいはBMPファイル形式のデジタルファイルに個別に保存するか,あるいはPPTやPDFフォーマットで1ページ1枚として保存して送付する.MS-WORD原稿に直接貼り付けることは避ける.図の説明は別紙に記入し,原稿末につける.表はMS-WORDの表機能あるいはMS-EXCELなどの表計算プログラムで作成し,表外上部に表の説明をつけ,下部に脚注をつけ,1ページに1表のみを配置し,原稿末につける.図表ともに原稿サイズで21cm×29.7cmを超えず,印刷時に16cm×21cm以内に収めることを想定して作成する.原稿余白に,図表1枚ごとのおよその挿入位置を赤文字で示す.
  • 5. 原稿(表紙と本文)は,原則として,MS Word(.doc)またはリッチテキスト(.rtf)形式で作成し,図表のファイル(.jpg, .pdf, .ppt, .xlsなど合計5MB以下になるように解像度等を調整)を電子メールに添付して編集部(ysaka@agri.kagoshima-u.ac.jp)宛に送る.受理された論文の印刷用の高解像度の原図は,編集部の指示に従い,ファイルを電子メールに添付するか,ファイルを保存したCDあるいはDVDを郵送する.電子メールでの投稿が難しい場合は,必要事項を記入した表紙をつけて,図表とともに原稿1部を編集部あてに郵送する.なお,ワープロ作成の原稿については,CD-ROM等にテキストファイル形式で保存したものを添付する.原稿は,図,表,CD(DVD)などのメディアを含めて,希望のない限り返却しない.
  • 6. 原稿の内容に関して編集委員会および2名の査読者が採否の審査を行い,指摘がある場合には,著者に検討・訂正を求める.
  • 7. 登載料金は15印刷ページまで無料,それを超えた超過ページ料金は著者負担(1印刷ページ当たり3,000円)とする.別刷は原則PDFファイルで無料提供される.紙に印刷された別刷り(有料)が必要な場合には50部単位でオンデマンド印刷する.印刷所入稿後の原図の書き直し,著者校正時の修正などに要する費用は一部著者負担とすることがある.
  • 8. 原稿の送付先: (末尾に掲載)
  • 9. 著作権:
    • (1) 投稿者は本学会に対し,本誌に投稿し掲載される論文・写真等について,複製・翻案・公衆送信その他一切の利用(将来生ずるあらゆる利用方法を含む)を許諾するものとする.本学会は当該著作物の電子データの作成やウェブサイトへの掲載をすることができる.
    • (2) 第三者が本誌に掲載された著作物の全部または一部を利用する場合は,本学会の事前の許可が必要となる.

『蝶と蛾』原稿の送付先

〒890-0065

鹿児島市郡元 1-21-24

鹿児島大学農学部
害虫学研究室

坂巻 祥孝

TEL/FAX:099-285-8684
E-mail:ysakaagri.kagoshima-u.ac.jp

(『蝶と蛾』編集委員会)

日本鱗翅学会

〒113-0001
東京都文京区白山 1-13-7
アクア白山ビル5F
勝美印刷株式会社内 日本鱗翅学会事務局
※ お問い合わせフォームより御連絡下さい。

鱗翅(りんし)というのは鱗翅目(チョウ目)Lepidopteraのことで、鱗粉のある翅を持った昆虫すなわちチョウやガの仲間です。この小さな生き物はその素晴しい魅力で古い時代から私たちをひきつけてきました。日本鱗翅学会はこのチョウやガを研究対象とする学術団体で、アマチュアから専門家まで幅広い層のメンバーが協力しながら活動しており、興味のある人は誰でも入会できる開かれた学会です。