カバイロシジミ Glaucopsyche lycormas
(シジミチョウ科)

日本では、青森県の北端部と北海道のみに分布する稀なシジミチョウ。クサフジを食餌植物とする集団とヒロハノクサフジを食餌植物とする集団とに2分される。特に後者は道南と青森県の限られた地域に見られ、その生息地は海岸部の断崖付近に限定される。

本種の生活史はクサフジとヒロハノクサフジの花に依存しているが、ヒロハノクサフジはクサフジより遥かに花期が長く、そのためヒロハノクサフジを利用する道南・青森県の集団では羽化時期が長期にわたる。例えば青森県の津軽半島では5月下旬から8月まで新鮮な成虫が見られ、年1化でありながら成虫出現期が極めて長い。

このように羽化が斉一でない事情が影響してか、津軽半島の生息地で一度に見られる個体数は少ない。日差しを遮るものがない炎天の海岸で、しかも足場の悪い断崖近くを活発に飛んで落ち着かず、撮影には難儀させられる。

撮影データ: 2013年8月7日 青森県津軽半島
撮影・文章: 工藤 誠也

閉じる

日本鱗翅学会

国際公開シンポジウム「アサギマダラの移動の謎をさぐる」

2005年8月 7日公開

アサギマダラは日本と台湾を往復する「旅をする蝶」として有名です。台湾の陽明山で5-6月にマークをつけられたアサギマダラが、日本へ3頭も飛来しました。 日本で秋にマークされたアサギマダラ2頭が台湾で発見されたこともあります。 日本と台湾の間を季節的に移動していることはほぼ明らかですが、その移動範囲は明確ではありませんし、移動を引き起こす刺激もわかっていません。

このシンポジウムでは、日本と台湾のアサギマダラ愛好者がこれまでの知見を紹介しあって、移動の謎を追求します。 報告者は母国語で発表しますが、できるだけ通訳をはさみますので、どなたでも参加できます。ぜひご来場下さい。

※終了しました。

日時
2005年8月7日(日)午後1時から4時30分
場所
大阪市立自然史博物館 講堂
(http://www.mus-nh.city.osaka.jp/)
主催
日本鱗翅学会アサギマダラプロジェクト・アサギマダラを調べる会・大阪市立自然史博物館
後援:国立台湾大学・日本鱗翅学会

内容(予定)

1.マダラチョウ類に関する日本と台湾の共同研究
金沢 至(大阪市立自然史博物館)
2.台湾~日本におけるアサギマダラの移動
福田晴夫(日本鱗翅学会)
3.沖縄大東諸島 春・秋のアサギマダラ
中西元男(日本鱗翅学会)
4.アサギマダラの生活史と天敵
平井規央(大阪府立大学)
5.台湾陽明山系二子山のアサギマダラの生活史
陳 建志(台北市立師範学院)
6.台湾のアサギマダラの生態学的研究
李 信徳・楊 平世(台湾大学)
7.台湾におけるマダラチョウ類の季節的移動
Jia-lurng Jan(台灣蝴蝶保育學會)
8.アルカロイドの摂取と配偶行動
本田計一(広島大学)
9.分子系統から見たアサギマダラの移動
新川勉・石川統(放送大学)・金沢至・村上豊・福田晴夫・宮武頼夫(アサギマダラを調べる会)
申込み:不要
参加費
無料(日本鱗翅学会会員は、自然史博物館南側通用口より「鱗翅学会会員」と言ってご入館下さい)

日本鱗翅学会

〒113-0001
東京都文京区白山 1-13-7
アクア白山ビル5F
勝美印刷株式会社内 日本鱗翅学会事務局
※ お問い合わせフォームより御連絡下さい。

鱗翅(りんし)というのは鱗翅目(チョウ目)Lepidopteraのことで、鱗粉のある翅を持った昆虫すなわちチョウやガの仲間です。この小さな生き物はその素晴しい魅力で古い時代から私たちをひきつけてきました。日本鱗翅学会はこのチョウやガを研究対象とする学術団体で、アマチュアから専門家まで幅広い層のメンバーが協力しながら活動しており、興味のある人は誰でも入会できる開かれた学会です。