カバイロシジミ Glaucopsyche lycormas
(シジミチョウ科)

日本では、青森県の北端部と北海道のみに分布する稀なシジミチョウ。クサフジを食餌植物とする集団とヒロハノクサフジを食餌植物とする集団とに2分される。特に後者は道南と青森県の限られた地域に見られ、その生息地は海岸部の断崖付近に限定される。

本種の生活史はクサフジとヒロハノクサフジの花に依存しているが、ヒロハノクサフジはクサフジより遥かに花期が長く、そのためヒロハノクサフジを利用する道南・青森県の集団では羽化時期が長期にわたる。例えば青森県の津軽半島では5月下旬から8月まで新鮮な成虫が見られ、年1化でありながら成虫出現期が極めて長い。

このように羽化が斉一でない事情が影響してか、津軽半島の生息地で一度に見られる個体数は少ない。日差しを遮るものがない炎天の海岸で、しかも足場の悪い断崖近くを活発に飛んで落ち着かず、撮影には難儀させられる。

撮影データ: 2013年8月7日 青森県津軽半島
撮影・文章: 工藤 誠也

閉じる

日本鱗翅学会

日本鱗翅学会第65回松本大会のご案内

日本鱗翅学会第65回大会は、以下の日程・要領により、長野県松本市の信州大学松本キャンパスで開催されます。多数のご参加をお待ちしています。

講演申込方法など大会関連の最新情報は、大会ウェブサイトにて順次掲載します。

伊藤 建夫 (大会会長)

【注意】発表内容の撮影について

近年、スマートフォン・デジタルカメラ等による講演内容の録音/録画に関するトラブルが増えています。大会での講演・ポスターの写真・ビデオ等による撮影は、発表者の許可を得た場合に限り認められます。

会場

大会・総会:
信州大学松本キャンパス (理学部12番講義室・4F教室)
(〒390-8621 長野県松本市旭 3-1-1)
懇親会:
信州大学旭会館 (松本キャンパス内)

日程: 2018年10月20日(土)・21日(日)

20日(土)
評議員会(午前中)、市民公開講演(基調講演・事例講演)、一般講演、ポスター・標本発表、懇親会
懇親会は18:00~20:00に信州大学旭会館で開催予定です。
21日(日)
一般講演、ポスター・標本発表、小集会、総会、各種委員会

※ 19日(金)の夕方に松本市駅前会館において理事会を開催します。

※ プログラムの編成上、スケジュールは変更になる場合もあります。ご了承下さい

主催・共催など

主催:
日本鱗翅学会
共催:
松本むしの会
後援(予定):
長野県
松本市教育委員会

参加費等

大会参加費(正会員・会員外)
4,000円 (8月31日までは早期割引3,000円)
大会参加費(若手会員)
2,000円 (8月31日までは早期割引1,000円)
2018年1月1日現在で30歳以下の者
懇親会会費
5,000円 (8月31日までは早期割引4,000円)
講演要旨のみ
2,000円

参加を希望される方は、次号に綴じ込まれる郵便振替用紙に必要事項をご記入の上、ご送金ください。なお、ご送金いただいた参加費は後日参加を取り消された場合でも返金できかねますので、ご了承ください。

一般講演、ポスター・標本発表・小集会

  • (1) 講演申込み期限(一般講演、ポスター・標本発表、小集会共に): 7月31日(火)(締切厳守)
  • 電子メールまたは郵便で「講演タイトルと講演希望種別(一般講演、ポスター・標本発表)および講演者氏名」を大会事務局(次々ページ記載)へお申し込みください。小集会を企画される場合も同様に「小集会タイトルおよび講演者氏名」を大会事務局へお申し込みください。なお、一般講演の演題数には限りがあります。予定に達した場合にはポスター発表に振り替えていただく場合も有ります。

  • (2) 講演要旨提出期限(一般公演、ポスター・標本発表、小集会共に): 8月31日(金)(締切厳守)
  • (3) 一般講演、ポスター・標本発表要旨原稿の様式: 以下のようにお願いいたします。
    • 用紙サイズ: A4版1ページ以内。上下左右に25mmの余白をとる。
    • 記載内容: 講演タイトル、講演者(所属地区)、本文の順で横書きとする。
    • 図版: 挿入する場合はモノクロ印刷に適したものを使用する。
    • ファイル容量(メール添付の場合): MS-Word形式で3MB以内とする。

1. 一般講演について

一般講演の持ち時間は質疑応答を含めて15分(予定)です。時間厳守でお願いします。一般講演での映写はご自身で持参されたパソコンをご利用になるか、事務局で準備したパソコン(Microsoft PowerPointとAdobe Readerがインスト-ルされたパソコン、OSはWindows10を予定)をご利用ください。ウィルス感染防止のため講演用ファイルは必ずCD-Rでご持参ください。

2. ポスター発表について

  • (1) ポスター発表で使用するポスターの作成方法は自由です。ポスター発表用パネルのサイズは縦180cm×横90cmです。講演番号をパネルに添付しますのでスペースを用意して下さい(10cm×5cm程度)。
  • (2) ポスターの留め具(画鋲またはセロファンテープ)は大会事務局で準備します。

3. 標本発表について

  • (1) 新しい発表方法で、大型ドイツ箱1箱に標本や写真などを配置して、発表します。
  • (2) 標本発表は、学術的に貴重な報告とし、単なる珍品の陳列や同一種の多数個体の陳列など、種保全の観点から問題のある展示はお控えください。
  • (3) 標本発表については、例示を参考(次号やどりがに掲載)にお願いします。展示用のテーブルを用意します。
  • (4) 標本などの破損については、責任を負いかねますので、発表者の責任において管理をお願いいたします。

4. 小集会について

  • 本大会では小集会枠(60~75分程度、応募数により調整)を4件程度用意する予定です。応募先は一般講演と同様です。応募枠数が予定数を超えた場合は大会事務局において選考させていただく場合がございますのでご了承ください。
  • ・口頭発表の講演時間は小集会企画者で割振りをお願いします。
  • ・使用するパソコンは口頭発表と同様です。

プログラム

市民公開講演会『高山性生物の成り立ちと現状(仮)』

基調講演
「北アルプスの成り立ち」(仮)
 信州大学理学部教授 原山 智氏
事例講演 コーディネーター: 伊藤 建夫氏 (信州大学名誉教授)
事例講演1 「ライチョウの来た道」(仮)
 長野県環境保全研究所専門研究員 堀田 昌伸氏
事例講演2 「高山植物の系統地理」(仮)
 熊本大学理学部准教授 藤井 紀行氏
事例講演3 「高山の水生生物の系統進化」(仮)
 信州大学理学部教授 東城 幸治氏
事例講演4 「高山チョウの系統学」(仮)
 日本鱗翅学会 宇佐美 真一氏

その他

  • (1) 大学構内は全面喫煙禁止となっております。
  • (2) 大学構内に駐車スペースはありません。公共の交通機関でお越し下さい。
  • (3) 大会事務局では宿泊のあっせんは行いません。各自での早目のご手配をお願いいたします。

アクセス

会場最寄駅/JR松本駅右方向/松本バスターミナルから信大・横田線バス15分

日本鱗翅学会第65回大会事務局

大会会長: 伊藤 建夫 (信州大学名誉教授)
事務局長: 田下 昌志

〒395-0034

長野県飯田市追手町 2-655-7

飯田市美術博物館

四方 圭一郎

TEL:0265-22-8118
FAX:0265-22-5252

申込・要旨送付:lsj65matsumotogmail.com (四方)
お問い合わせ全般:mk.tashitanifty.com (田下)

日本鱗翅学会

〒113-0001
東京都文京区白山 1-13-7
アクア白山ビル5F
勝美印刷株式会社内 日本鱗翅学会事務局
※ お問い合わせフォームより御連絡下さい。

鱗翅(りんし)というのは鱗翅目(チョウ目)Lepidopteraのことで、鱗粉のある翅を持った昆虫すなわちチョウやガの仲間です。この小さな生き物はその素晴しい魅力で古い時代から私たちをひきつけてきました。日本鱗翅学会はこのチョウやガを研究対象とする学術団体で、アマチュアから専門家まで幅広い層のメンバーが協力しながら活動しており、興味のある人は誰でも入会できる開かれた学会です。