2015年ニュース・イベント情報

このページでは鱗翅学会のイベント情報・ウェブサイトの更新情報・その他お知らせを掲示しています。

直前のイベント

2015年の予定表へ

最近の更新

12月28日

12月22日

12月19日

12月5日

12月4日

12月2日

11月11日

10月28日

10月19日

10月9日

10月8日

10月4日

10月1日

9月5日

9月2日

8月13日

7月22日

7月19日

7月17日

6月18日

6月15日

6月9日

5月26日

5月7日

5月5日

5月4日

4月26日

4月15日

4月4日

4月1日

3月23日

3月11日

3月1日

2月24日

2月19日

2月10日

1月28日

1月25日

1月8日

1月1日  謹賀新年

日本鱗翅学会東海支部第160回例会のご案内

※終了しました。

東海支部の「第160回例会」を下記の要領で開催いたします。

総会以外は会員外の皆様も参加もできるので、お誘い合わせの上ご参加いただければ幸いです。

日時・場所・参加費等

日時
2015年12月5日(土)13:30〜17:00
場所
場所:名城大学共通講義棟北館N-104講義室
 名古屋市天白区塩釜口1−501
  名古屋地下鉄鶴舞線塩釜口1番出口徒歩5分
  交通アクセス

参加費
500円

プログラム

☆ 総会 13:30〜13:45

☆ 特別講演 14:00〜15:00

    「"保育社の生態図鑑"の思い出とその先にあるもの」
      福田 晴夫

☆ 一般講演 15:15〜17:00

    (1)多賀敏正
       「愛知県のウラゴマダラシジミ」
    (2) 岩下 幸平
       「キノコ食のミノガはナラ枯れで増えているのか??」
    (3) 鈴木 英文
       「クロヒカゲについての二つの疑問」
    (4)松井 弘見
       「三重県の蛾類−最近の話題」 
    (5)高橋 真弓
       「草原性蝶類と(高山蝶)の起源を求めて」
         −環日本海諸国での調査から−


今回も、伊奈さんのご好意でブルーのオオムラサキの越冬幼虫を皆様に提供いただけることになりました。
ご入用の方はタッパをお持ちください。
なお、例会終了後、懇親会の開催を予定しています。

連絡先


日本鱗翅学会 東海支部事務局
〒489-0863 愛知県瀬戸市せいれい町27
南山大学 総合政策学部 江田信豊
TEL : 0561-89-2000
FAX : 0561-89-2039


現在メールでのご案内に随時切り替えております。
メール利用の方は上記事務局にメールアドレスをお教え下さい。

2015/11/11 公開

日本鱗翅学会中国支部第17回例会のお知らせ

※終了しました。

毎年恒例となりました中国支部の例会を開催します。
支部会員以外の参加も歓迎します。

日時
2015年11月1日(日曜日) 12:00〜
場所
とりぎん文化会館第5会議室
2階 第5会議室
議題
会務報告
役員人事
来年度の日程
懇親会
大会終了後懇親会を開催(場所:かぶら亭,「田村」で予約)します。
支部会員以外の参加も歓迎します。
会費は5000円です。

お問い合わせ


日本鱗翅学会中国支部
  田村昭夫
  〒682-0881 倉吉市宮川町2丁目74番地
  Tel: 0858-22-7707
  Fax: 0858-22-7707
  


2015/10/28 更新

東京大学総合研究博物館モバイルミュージアム特別展「蝉類博物館」のお知らせ

※終了しました。

東京大学総合研究博物館モバイルミュージアム特別展「蝉類博物館」(日本鱗翅学会後援)が開催されますのでお知らせします。

案内ちらし


東京大学総合研究博物館モバイルミュージアム特別展
(練馬区立石神井公園ふるさと文化館 平成27年度第1回特別展)
「蝉類博物館」─昆虫黄金期を築いた天才・加藤正世博士の世界

会場
練馬区立石神井公園ふるさと文化館
    〒177-0041 東京都練馬区石神井町5丁目12番16号 TEL 03-3996-4060 
展示期間
2015年10月1日(木)〜11月29日(日) 9:00―18:00
休館日
月曜日(ただし10月12日(月・祝)11月23日(月・祝)は開館、翌10月13日(火)11月24日(火)は休館)

【展示概要】

 大正から昭和初期にかけて活躍した加藤正世博士(1898〜1967年)は、石神井公園に隣接した自宅に加藤昆虫研究所と併設した「蝉類博物館」を開館し、展示を通じた昆虫学の普及とともに、新種・新亜種を含む多くの論文や著書を世に輩出した稀代の昆虫学者です。趣味の昆虫採集を通じた普及活動にも力を注ぎ、たくさんの少年・青年たちに影響を与え、社会現象にもなった昭和初期の昆虫黄金時代を築き上げた主要な人物でもあります。
 加藤博士の死後、標本・資料等のコレクションは、長年のご遺族による管理を経て、現在では東京大学総合研究博物館にて大切に保管されています。「蝉類博物館」の閉館以降、これらのコレクションの大々的な展示は成されていませんでしたが、かつて「蝉類博物館」が立地していた石神井の地で、本モバイルミュージアム展として実現しました。
 今回の展示では、加藤博士の約5万点の昆虫コレクションから選りすぐりの標本・資料を多数出展しています。セミ、ツノゼミはもちろんのこと、チョウ、ガ、トンボ、クワガタ、コガネムシ、ハチ、アブ、アリ、バッタ、ナナフシ、カメムシ、ガロアムシのような主だった昆虫をはじめ、両生・爬虫類、鳥、クモ、セミタケなど、様々な生き物の標本も見られます。その多くは戦前から戦後にかけての東京近郊で採集されたもので、当時の関東平野の生物相を知る上でも重要な資料となります。また、クマゼミやエゾゼミのホロタイプ標本(新種、新亜種の学名の基準となる標本)は、本展の目玉ともいえる貴重な標本です。その他に加藤博士が残した器具・機材、直筆の描画・資料、著書、虫玩具、写真なども必見です。
 これらのコレクションは、東京大学総合研究博物館ならではの展示デザインと映像技術により、一層引き立てられた演出がなされています。まるで加藤博士の時代に舞い戻ったかのような、大正〜昭和初期のレトロ調な雰囲気を、再び甦った「蝉類博物館」の標本・資料の中に覚えながら、昆虫学の研究と教育・普及の両面に尽力した加藤博士の世界を体感いただけると幸いです。

  

主催
東京大学総合研究博物館、練馬区立石神井公園ふるさと文化館(指定管理者 公益財団法人 練馬区文化振興協会)
後援
日本昆虫学会、日本半翅類学会、日本鱗翅学会、日本セミの会
協賛
新日鉄興和不動産株式会社
観覧料
一般300円(200円)/高校・大学生200円(100円)/65歳〜74歳150円/中学生以下・75歳以上無料 

交通案内

西武池袋線「石神井公園駅」下車 徒歩15分 または 西武バス(荻14)JA東京あおばバス停下車 徒歩5分
      練馬区立石神井公園ふるさと文化館

【講演会】

会場
練馬区立石神井公園ふるさと文化館 多目的会議室

(1) 10月11日(日)14:00〜15:30 「 日本の昆虫文化を築いた加藤正世博士のコレクション」
  講師:矢後勝也(東京大学総合研究博物館助教)

(2) 10月18日(日)14:00〜15:30 「 加藤正世と日本の昆虫学」
  講師:大野正男(東洋大学名誉教授)

(3) 11月7日(土)14:00〜15:30 「 加藤正世が眺めたカメムシ 昔の東京に想いを馳せる」
  講師:石川 忠(東京農業大学助教)

(4) 11月15日(日)14:00〜15:30 「 地図に見る蝉類博物館周辺の今昔」
  講師:須田孫七(東京大学総合研究博物館研究事業協力者)

(5) 11月22日(日)14:00〜15:30 「 加藤正世博士が命名した日本のセミ」
  講師:林 正美(埼玉大学名誉教授・東京農業大学客員教授)

定員
各100名
参加費
無料
申込方法
9月21日(月・祝)より電話申込受付 03-3996-4060 定員になり次第受付終了
2015/ 9/30 公開

関東支部「秋のつどい」(2015)

※終了しました。

 関東支部恒例の「秋のつどい」を下記の要領で開催いたします。
 皆様、どうぞお気軽にご参加下さい。会員でなくても参加可能ですのでご興味のある方にも声をかけて下さい。

日時・場所

日時
2015年10月3日(土)13:00〜18:00(開場 12:30)
会場
モンベルクラブ渋谷店Mont・bell5階サロン
   (場所は渋谷の東急ハンズの向いにあるお店(アウトドアショップ)の5階です。)
住所
東京都渋谷区宇田川町11−5モンベル渋谷ビル
電話
03−5784−4005
参加費
会員1,000円、非会員2,000円 (会場費・講演要旨代を含む)
(非会員の大学生・大学院生1,000円、高校生以下無料)
懇親会
会費4,000円 (大学生3,000円、高校生以下1,000円)
Mont・bell5階サロンにて (同じ会場です)


プログラム

             

一般講演@

美ノ谷憲久

:蛇紋岩地における蝶の楽園の探し方

川上洋一

:ナガサキアゲハを北上させたのは戦後の農政か

川田(上西)智子

:都市公園で楽しく出逢うイモムシ毛虫

町島佳幸

:Actias(オオミズアオ属)は何齢で老熟するのか・・・?

新津修平

:蝶と蛾における蛹の翅の解剖から何が解るか?

     <休憩>

小学生及び小学生保護者発表

橋共江・橋恵

:蝶と福田先生との出会い

橋友佳子    

:虫愛ずる姫君の今

一般講演A

久保田瑛子

:丹沢山塊におけるキリシマミドリシジミの分布拡大

加藤義臣・井上孝美

:ヒサマツミドリシジミ雌成虫の卵成熟と行動活性に対する日長の影響

○大島良美、石塚正彦、次田章、真田豊誠(丸印は代表発表者):秩父ミューズパークのウラギンヒョウモンの生態(中間報告)

招待講演

范骁凌・王敏:中国−ヒマラヤ地域における2001年以降の中日共同鱗翅類研究について

meeting
会場風景

連絡先

お問い合わせ
福田晴男
〒409-0126 上野原市コモアしおつ1‐27‐5  
TEL:090-8317-7956
e-mail
企画・運営
日本鱗翅学会関東支部幹事会
担当評議員
石塚正彦,宇野彰,北川朝生,長畑直和,新津修平,長谷川大,福田晴男,美ノ谷憲久,矢野高広
幹事
浅香克彦,小沢英之,久保田瑛子,橋本定雄,原田一志
顧問
加藤義臣,栗山定,斉藤基樹,津吹卓,針谷毅,矢後勝也
既に多数の方にご協力いただいておりますが、関東支部における「春」と「秋」の集い、等の葉書での案内を e-mail へ切り替えることにつきまして、ご協力頂ける方はアドレスを小沢(e-mail )までお知らせ下さい。
2015/ 9/ 2 公開

東海支部:第159回例会案内
(静岡昆虫同好会と共同開催)

※終了しました。

 8月の鱗翅学会東海支部の昆虫合宿について連絡します。

夏期合同調査会

1. 日 時
2015年 8月22日(土)〜23日(日)

2. 場 所
静岡市葵区梅ヶ島コンヤ沢温泉「大野木荘」
電話:054−269−2224

新東吊高速『新静岡インター』から梅ヶ島方面に30q,40分。
孫佐島バス停先コンヤ沢テニスコート右折。

路線バスは、梅ヶ島行大野木バス停下車

3. 集 合
22日17時までに集合。23日の解散は任意

4. 参加費
10,000円

5. 申込み
〒420-0914 静岡県静岡市葵区西瀬吊町21-54 清邦彦まで

電話:054-261-3323
8月10日までにご連絡ください。

事務局


日本鱗翅学会東海支部事務局

〒489-0863 愛知県瀬戸市せいれい町27
南山大学 総合政策学部 江田信豊
TEL:0561-89-2000 FAX:0561-89-2039


2015/ 7/ 22 公開

【日本昆虫科学連合】シンポジウムのポスター

日本鱗翅学会も所属する【日本昆虫科学連合】シンポジウムの内容が決まりましたのでポスターを掲載します。
ご関心のある方はご参加下さい。

   
シンポジウムのポスター

2015/ 6/ 9 公開

「熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書」への回答書

熊本県にあるJNC(株)の発電所に関わる価格固定買取制度(FIT制度)設備認定のための工事により、環境省「種の保存法」の希少野生動?物種および 国の天然記念物に指定されているゴイシツバメシジミおよびその食草シシンランに甚大な悪影響を及ぼすことが懸念されるため、本学会は、2015年1月25日に日本昆虫学会と共同声明で、早急な工事見直しの要望書をJNC(株)に提出致しましたが、その後の話し合いや調整により、JNC(株)には多大な配慮を頂いた合意案がまとまったため、2015年5月25日付で添付のような回答書をJNC(株)社長宛に送付致しました(保全の観点から地吊等を一部ブラインドしています)。

   
「熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書」への回答書

 2015年6月1日

自然保護委員長 矢後勝也

2015/ 6/ 9 公開

日本鱗翅学会東海支部第158回例会のご案内

※終了しました。

東海支部の「第158回例会」を下記の要領で開催いたします。

総会以外は会員外の皆様も参加もできるので、お誘い合わせの上ご参加いただければ幸いです。

日時・場所・参加費等

日時
2015年5月30日(土)13:00〜17:00
場所
三重県総合博物館(MieMu:みえむ)
 三重県津市一身田上津部田3060
(三重県総合文化センター向かい)   TEL:059-228-2283  FAX:059-229-8310 

  
  交通アクセス
参加費
500円

プログラム

☆ ようこそ三重県総合博物館へ 13:00〜13:20

      三重県総合博物館 昆虫担当学芸員 大島康宏

☆ 館内見学 13:20〜15:30 (バックヤード見学含む)

      (有料エリアへの入場は、別途閲覧料が必要になります)

☆ 一般講演 15:30〜17:00

    (1)河本 実
       「三重県北勢地域の蝶 最近の動向とこれから調べてほしいこと」
    (2) 奥田道廣
       「森林性の蝶の雄♂と雌♀の出会いの場」
    (3) 長谷川好昭
       「三重県のウラナミアカシジミ(紀伊半島亜種)について」
    (4) 坂部元宏
       「三重県におけるスギタニモンキリガの生態と分布」

☆ ワークショップ「ゆらゆらチョウチョ」

      13:00〜15:30の間で、常時開催しています


※例会終了後、懇親会の開催を予定しています。奮ってご参加下さい。

連絡先


事務局
日本鱗翅学会 東海支部事務局 
〒489-0863 愛知県瀬戸市せいれい町27
南山大学 総合政策学部 江田信豊
TEL : 0561-89-2000
FAX : 0561-89-2039


現在メールでのご案内に随時切り替えております。
メール利用の方は上記事務局にメールアドレスをお教え下さい。

2015/5/7 公開

日本鱗翅学会東北支部第3回例会のお知らせ

※終了しました。

◎東北支部の第3回例会を開催します。

全国の会員はもちろんのこと会員外の皆様も参加できますので、お誘い合わせてのご参加をお待ちしております。

日時・場所等

日時
5月23日(土) 午後2時から
場所
仙台市青葉区堤通雨宮町1−1
東北大学農学部雨宮キャンパス 講義棟第1教室 (地図
参加費
無料


※当日例会終了後、懇親会を行います(開催場所未定、会費4,000円程度)

プログラム

一般講演

  1. 長岡久人会員(関東支部)
      「ユーラシア大陸東側諸島のErebia(niphonica or neriene)あれこれ
     −東北地方のベニヒカゲは何処から来たのか?−」
  2. 保坂満会員
      「知っておきたい学吊の話」
                         ほか


連絡先

日本鱗翅学会東北支部 事務局
〒980-0815
  宮城県仙台市青葉区花壇4-40-12 菅原淳 方
  
  携帯090-4555-9326

2015/5/7 公開

近畿支部第151回例会開催のご案内

※終了しました。

 近畿支部第151回例会プログラムが確定いたしましたので、ご案内いたします。
14時開始ですが、役員の皆様は13時半からお願いします。

 今回は、関東支部の井上孝美さまを招き、ヒサマツミドリシジミの生態について講演していただきます。皆様ふるってご参加ください。

 会員以外の方のご参加も歓迎します。

日時・場所

日 時:
2015年5月9日(土)14:00〜16:00
会 場:
I-siteなんば(大阪府立大学)
大阪市浪速区敷津東2丁目1番41
南海なんば第1ビル 2F S1室
地下鉄大国町駅・恵美須町駅より徒歩約7分、
なんば駅より徒歩約15分
アクセス地図:
       I-siteなんば(大阪府立大学)

  

プログラム


・招待講演 (14:00〜14:30)
ヒサマツミドリ 生態解明の文化史と♀の繁殖戦略   井上孝美(関東支部)

・連絡事項・休憩・I-siteなんば見学 (14:30〜15:00)

・一般講演 (15:00〜16:00)
1.日本産メスハリオガ科Urodidaeについて   那須義次・宮野昭彦
2.森林に生息する多様な鱗翅類の保護のための野生動物管理   寺本憲之(びわ湖の森の生き物研究会)
3.博物画による江戸期京都周辺のチョウ相の推定−円山応挙の写生帖の解析−   吉田周
4.CT撮影によるアサギマダラの飛翔筋と胸部外骨格の構造   平井規央・泉田啓・飯間信・横山直人

 ※13:30から近畿支部役員会を開催しますので、関係者の方はお集まり下さい。
 ※終了後に難波周辺で懇親会を予定しています。

お申込・問合せ先


日本鱗翅学会近畿支部
平井 規央 
 〒599-8531 大阪府堺市中区学園町1-1
  大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科
  緑地環境科学専攻 環境動物昆虫学研究グループ
   Tel 072-254-9413
   Fax 072-254-9694
   

2015/ 5/ 4 公開

会員専用ページパスワード変更のお知らせ

日本鱗翅学会のホームページの会員専用ページのパスワードを変更しましたので、お知らせします。
会員お知らせリストに登録されている会員には新パスワードを連絡しましたが、アドレス変更をされていたり、受信ボックスのオーバーフローなどで届かなかった場合には日本鱗翅学会ホームページ委員会あて再度登録をお願いします。
会員お知らせメールが届かなかった会員のお吊前を会員お知らせメールエラー(会員ページ)でお知らせしています。

日本鱗翅学会ホームページ委員会

2015/ 4/26 公開

沖縄島北部・高江と安波の米軍ヘリパッド建設に関わる要望書

沖縄島北部にある「高江」および「安波」では、米軍ヘリパッド建設に伴う森林伐採や赤土の流出、さらにはオスプレイを含む米軍機の低空飛行や離着陸に伴う爆風や高熱の下降気流による環境悪化などの影響から、リュウキュウウラボシシジミやリュウキュウウラナミジャノメ、コノハチョウ、フタオチョウなど、多くの希少チョウ類をはじめとする昆虫類の存続に甚大な被害を及ぼすことが懸念されるため、早急な建設予定地とその周辺域における環境保全の要望が必要となりました。
そこで本学会は、2015年3月23日に防衛大臣、沖縄県知事、東村村長および国頭村村長宛宛に以下の要望書を提出しました。

   
沖縄島北部・高江と安波の米軍ヘリパッド建設に関わる要望書(PDF)

 2015年3月23日

自然保護委員長 矢後勝也

2015/ 3/23 公開

熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書

熊本県にあるJNC(株)の発電所に関わる価格固定買取制度(FIT制度)設備認定のための工事により、環境省「種の保存法」の希少野生動?物種および国の天然記念物に指定されているゴイシツバメシジミおよびその食草シシンランに甚大な悪影響を及ぼすことが懸念されるため、早急な工事見直しの要望が必要となりました。
そこで本学会は、2015年1月25日に日本昆虫学会と共同声明で、経済産業省資源エネルギー庁長官、環境省自然環境局局長、農林水産省林野庁長官、文部科学省文化庁長官、JNC株式会社社長宛に以下の要望書を提出しました(保全の観点から地吊等を一部削除、改変しています)。

   
熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書(JNC(株)宛)(PDF)
   熊本県のゴイシツバメシジミ保全に関わる要望書(関係官庁宛)(PDF)

 2015年2月10日

自然保護委員長 矢後勝也

2015/ 2/19 公開

関東支部「春のつどい」(2015)

※終了しました。

 関東支部恒例の「春のつどい」を下記の要領で開催いたします。
 皆様、どうぞお気軽にご参加下さい。会員でなくても参加可能ですのでご興味のある方にも声をかけて下さい。

日時・場所

日時
2015年3月21日(土)13:00〜18:00(開場 12:30)
会場
モンベルクラブ渋谷店Mont・bell5階サロン
   (場所は渋谷の東急ハンズの向いにあるお店(アウトドアショップ)の5階です。)
住所
東京都渋谷区宇田川町11−5モンベル渋谷ビル
電話
03−5784−4005
参加費
会員1,000円、非会員2,000円 (会場費・講演要旨代を含む)
(非会員の大学生・大学院生1,000円、高校生以下無料)
懇親会
会費4,000円 (大学生3,000円、高校生以下1,000円)
Mont・bell5階サロンにて (同じ会場です)


プログラム

一般講演

美ノ谷憲久

横浜市こどもの国における32 年間のオオムラサキ幼虫調査の記録
加藤義臣

埼玉県新座市野火止のカトカラ類について
小田康弘

キチョウ類の雌雄形態差について

井上孝美

ヒサマツミドリシジミ♀の秋季行動について

     <休憩>

稲岡 茂

デルフィウス種群について

大野和美    

中央アジア(キルギスタン・カザフスタン)のパルナシウスと生息環境

久保田瑛子

キリシマミドリシジミ属の新種発見について
岸田泰則

世界の美麗ヒトリガ

meeting
会場風景

連絡先

お問い合わせ
福田晴男
〒409-0126 上野原市コモアしおつ1‐27‐5  
TEL:090-8317-7956
e-mail
企画・運営
日本鱗翅学会関東支部幹事会
担当評議員
石塚正彦,宇野彰,北川朝生,長畑直和,新津修平,長谷川大,福田晴男,美ノ谷憲久,矢野高広
幹事
浅香克彦,小沢英之,久保田瑛子,橋本定雄,原田一志
顧問
加藤義臣,栗山定,斉藤基樹,津吹卓,針谷毅,矢後勝也
既に多数の方にご協力いただいておりますが、関東支部における「春」と「秋」の集い、等の葉書での案内を e-mail へ切り替えることにつきまして、ご協力頂ける方はアドレスを小沢(e-mail )までお知らせ下さい。
2015/ 1/ 28 公開

日本鱗翅学会四国支部第20回例会のお知らせ

※終了しました。

毎年恒例となりました四国支部の例会を開催します。
これまで参加されたことのない方,会員外で虫好きの方の参加も歓迎いたします。
皆様お誘い合わせのうえ,是非ご参加ください。

日時
平成27年2月22日(日曜日) 11:00〜17:00(予定)
場所
愛媛県総合科学博物館 (高速いよ西条I.C.より約5分,交通アクセスはこちらを参照
生涯学習棟 2階 第2研修室

プログラム

テーマ講演 「四国におけるアゲハチョウ科及びシロチョウ科の蝶の最近の動向」

その他の演題など

お問い合わせ


大西 剛
〒792-0060
愛媛県総合科学博物館
TEL:0897-40-4109(代表)
Fax: 0897-40-4101
email_ohnishi

2015/ 2/ 10 公開

2015年 会合予定

学会大会

◆第62回日本鱗翅学会大会 ※終了
日時 2015年10月31日(土)〜11月1日(日)
会場 とりぎん文化会館(鳥取県鳥取市)

東北支部

◆東北支部第3回例会 ※終了
日時 2015年5月23日(土)午後2時から
会場 東北大学農学部雨宮キャンパス(仙台市青葉区堤通雨宮町)             

関東支部

◆関東支部 春のつどい ※終了
日時 2015年3月21日(土)午後1時から
会場 モンベルクラブ渋谷店5階サロン
◆関東支部 秋のつどい ※終了
日時 2015年10月3日(土)午後1時から
会場 モンベルクラブ渋谷店5階サロン
New!  
◆関東支部 春のつどい
日時 2016年3月19日(土)午後1時から
会場 モンベルクラブ渋谷店5階サロン

東海支部

◆第158回例会 ※終了
日時 2015年5月30日(土)
会場 三重県立博物館
◆第159回例会 ※終了
日時 8月22日(土)〜23日(日)
会場 静岡市葵区梅ヶ島コンヤ沢温泉「大野木荘」
◆第160回例会 ※終了
日時 12月5日(土)
会場 名城大学天白キャンパス

信越支部

◆蝶類採集観察会 ※終了
日時 2015年8月8日(土)
場所 塩尻市高ボッチ高原

近畿支部

◆第151回近畿支部例会 ※終了
日時 2015年5月9日(土)
会場 大阪府立大学なんばセンター(I-siteなんば)
◆三草山トラストのゼフィルス調査 ※終了
日時 2015年6月20日(土)予備日21日(日)(予定)
場所 大阪府豊能郡能勢町三草山
◆アサギマダラマーキング調査 ※終了
日時 2015年8月1日(土)予備日2日(日)(予定)
場所 滋賀県大津市打見山(びわ湖バレイ)
◆アサギマダラマーキング調査会(秋)(※関連行事) ※終了
2015年10月10日(土)~12日(月祝)に、伊勢湾沿岸の数カ所で開催予定。
主催・共催団体:三重県立博物館、三重昆虫談話 会、渡りチョウを調べる会、日本鱗翅学会、アサ ギマダラを調べる会、愛知アサギマダラの会、関西トンボ談話会など
◆第152回近畿支部例会 ※終了
日時 2016年1月10日(日)
会場 I-siteなんば(大阪市浪速区)
日本昆虫学会近畿支部と共催

中国支部

◆第17回中国支部例会 ※終了
日時 2015年11月1日(日)
会場 とりぎん文化会館(鳥取県鳥取市)

四国支部

◆四国支部第20回例会 ※終了
日時 2015年2月22日(日)
会場 愛媛県総合科学博物館

九州支部

◆2015年度九州支部大会&総会 ※終了
日時 12月5日(土)
会場 東海大学農学部(阿蘇キャンパス)
日本昆虫学会九州支部と共催
2015/12/9 改訂

これまでのイベントのお知らせ

2014年

2014年度イベント過去ログ / 第61回大会(鹿児島)案内

2013年

2013年度イベント過去ログ / 第60回大会(堺)案内

2012年

2012年度イベント過去ログ / 第59回大会(松山)案内

2011年

2011年度イベント過去ログ / 第58回大会(札幌)案内

2010年

2010年度イベント過去ログ / 第57回大会(東京)案内

2009年

2009年度イベント過去ログ / 第56回大会(吊古屋)案内

2008年

2008年度イベント過去ログ / 第55回大会(福岡)案内

2007年

2007年度イベント過去ログ / 第54回大会(新潟)案内

2006年

2006年度イベント過去ログ

2005年

2005年度イベント過去ログ / 第52回大会(藤沢)案内

2004年

2004年度イベント過去ログ / 第51回大会(松江)案内

2003年

2003年度イベント過去ログ / 第50回大会(高松)案内

2002年

2002年度イベント過去ログ / 第49回大会(青森)案内