2012年ニュース・イベント情報

このページでは鱗翅学会のイベント情報・ウェブサイトの更新情報・その他お知らせを掲示しています。

直前のイベント

2012年の予定表へ

最近の更新

12月26日

12月6日

12月5日

12月1日

11月30日

11月27日

11月24日

11月12日

11月10日

11月9日

11月2日

10月14日

10月5日

9月12日

8月25日

8月11日

7月24日

7月8日

5月28日

5月27日

5月23日

5月16日

5月13日

4月4日

3月30日

3月11日

2月27日

2月22日

2月15日

1月10日

1月1日

近畿支部第146回例会・
日本昆虫学会近畿支部2012年度大会合同大会

※終了しました。

下記のとおり第146回例会・合同大会を開催しますので、多数の方のご参加をお願い申し上げます。
鱗翅学会から口頭発表5件とポスター発表1件、昆虫学会から口頭発表8件ポスター発表と展示6件です。
会員以外の方のご参加も歓迎します。

日時・場所

日 時:
2012年12月8日(土)13:00〜17:00
会 場:
兵庫県立人と自然の博物館
   Google マップ
参加費:
会員:200円/人(博物館観覧料、茶菓代含む)
非会員:50円/人(博物館観覧料含まず、茶菓代相当)
懇親会:
18:00〜19:30
懇親会費は、大人2,000円/人、学生1,000円/人

プログラム



10:30 カワウの巣の昆虫相 八尋克郎1・亀田佳代子1・那須義次2・村濱史郎3
(1滋賀県立琵琶湖博物館、2大阪府病害虫防除所、3株式会社野生生物保全研究所)
10:45 琵琶湖竹生島のカワウの巣の鱗翅類 那須義次・村濱史郎・大門聖・八尋克郎・亀田佳代子
11:00 オオヒロズコガ(ヒロズコガ科)に近縁な国内未知種 〇長田庸平・坂井誠*・広渡俊哉(大阪府大院・生環*共生科学)
11:15 ツマグロケンヒメバチとその近縁種における分類学的諸問題 伊藤誠人・渡辺恭平・前藤薫(神戸大院・農)
11:30 DNAバーコーディングによって発見されたハラボソコマユバチ属Meteorusの1新種 藤江隼平・前藤薫(神大・農・昆虫多様性)
11:45 マイマイガに寄生するチビアメバチ2種とその高次寄生蜂、およびマイマイガを利用するヒメバチ上科に見られる繭形態の多様性 渡辺恭平(神戸大院・農)

12:00 (休憩)昆虫学会、鱗翅学会役員会

13:00 ガガイモ科の送粉系に関する知見(その4):イケマへの飛翔性訪花者は送粉に貢献しているのか?_コハナバチ・マルハナバチ・蛾類、および、アリ類の間での、送粉関連形態ならびに訪花行動についての比較考察 濱西 洋(三田市)
13:15 クロヤマアリを誘引するカラスノエンドウ上の奇妙な種間相互作用 笠井敦(京都大学大学院農学研究科)
13:30 クルミホソガAcrocercops transecta(鱗翅目:ホソガ科)のホストレース間での寄生蜂相の比較 〇河村友裕,大島一正(京都府大・生命環境)
13:45 ギンケハラボソコマユバチの体色の異なる2系統における日周活動性の比較 藤井智浩(神戸大・農)・西村卓真・前藤薫(神戸大院・農)
14:00 ホソヘリカメムシが飛翔時に示す光走性の解析 〇名和厚樹・後藤慎介・志賀向子(大阪市大・院・理)
14:15 セスジアメンボLimnogonus fossarum fossarumの餌条件を統一した飼育手法の確立 〇広岡佑太,大島一正(京都府大・生命環境)
14:30 ヤママユが食べて糞をする植物と全く囓らない植物の差は何? 寺本憲之(びわ湖の森の生き物研究会)

14:45 ポスター及び展示
 P1 外来昆虫ヘクソカズラグンバイの四国における分布拡大(第3報) 加藤敦史(東大阪市)・山田量崇(徳島県立博物館)
 P2 ヨコヅナサシガメの配偶行動とその化学因子 〇坂田 大介、薬丸 亮太、秋野 順治(京都工芸繊維大学 生物資源フィールド科学教育研究センター)
 P3 寄生蜂のSSR解析のための羽化繭からのDNA抽出方法 梅基弘宣・西村卓真・前藤薫(神戸大院・農)
 P4 クロヤマアリ巣仲間認識に対する巣間距離の影響 坂田惇一、秋野順治(京都工芸繊維大学 生物資源フィールド科学教育研究センター)
 P5 ツノヤハズモドキの多様性 沢田佳久(兵庫県博・昆虫共生)
 P6 エゾスジグロシロチョウの香気成分の経時変化 棚橋一郎(大阪工業大学)
 展示 スズムシのジナンドロモルフ(標本と生時の動画) 兵庫県博・昆虫共生

15:45 アカハネオンブバッタの近畿地方への移入と分布拡大 河合正人*1、市川顕彦*1、冨永修*1、森康貴*1、西口栄輔*1、伊藤ふくお*1、金沢至*2、加納康嗣*1、〇松本吏樹郎*2
(*1日本直翅類学会、*2大阪市立自然史博物館)
16:00 関西での冷温帯性キジラミの新知見、特にヤマオオトガリキジラミとキハダヒメキジラミについて 宮武頼夫
16:15 海岸性甲虫類と海浜の面積および孤立度との関係 〇河上康子(高槻市)・村上健太郎(名古屋産業大学)
16:30 聟島列島の異翅半翅類相 伴 光哲(エー環境研究所)・岸本年朗
16:45 ブータンの蝶類について 渡辺康之
17:00 マダラチョウ類の越冬地を求めて−台湾蘭嶼島と香港− 金沢 至(大阪市立自然史博物館)

18:00〜19:30  懇親会

お問い合わせ先

  日本鱗翅学会近畿支部幹事長 伊藤ふくお
    〒639-0201 奈良県北葛城郡上牧町片岡台3丁目1-25-101
    TEL:0745-51-7626, FAX:0745-51-7627
    
20120/11/27 公開

東海支部:2012年総会及び第151回例会のご案内

※終了しました。

東海支部の「2012年総会及び第151回例会」を下記の要領で開催いたします。
皆さんふるってご参加ください。

(会員外の皆様も参加を歓迎します)

日時・場所・参加費等

日時
2012年12月1日(土)13:00〜17:00
場所
名城大学共通講義棟北館N-107講義室
 名古屋市天白区塩釜口1−501
 TEL 052-832-1151(代表)
 名古屋地下鉄鶴舞線塩釜口1番出口徒歩5分

  地図はこちらをクリック

参加費
500円

特別講演

一般講演

連絡先


現在メールでのご案内に随時切り替えております。
メール利用の方は下記事務局にメールアドレスをお教え下さい。

事務局
日本鱗翅学会 東海支部事務局 
〒489-0863 愛知県瀬戸市せいれい町27
南山大学 総合政策学部 江田 信豊
  TEL:0561-89-2000
  FAX:0561-89-2039
  

2012/11/24 公開

平成24年度 日本鱗翅学会九州支部・日本昆虫学会九州支部
合同大会プログラム

※終了しました。

日本昆虫学会九州支部・日本鱗翅学会九州支部合同大会プログラムを公開しました。
会員外の皆様の参加も歓迎します。

2012/11/9 公開

東北支部設立総会のご案内

※終了しました。

日本鱗翅学会会員の皆さま


 会誌「やどりが」紙上やホームページ等でご確認いただき既にご存知の方もいらっしゃると存じますが、このたび日本鱗翅学会東北支部を設立する運びとなり、11月17日土曜日に仙台市の東北大学農学部雨宮キャンパスにおいて設立総会を開催することになりました。
 日本鱗翅学会会員の皆様には、東北支部設立総会にぜひともご参集いただきたくご案内申し上げます。(設立総会について参加費などはありませんので、会員外の方もお誘い合わせてご参加ください)
 東北支部設立の趣旨につきましては、別紙「日本鱗翅学会東北支部設立趣意書」ご覧のとおり、東北地区会員の連携と交流、鱗翅目研究の一層の向上を目指すもので、来年以降の活動については定期的に例会を開催して会員相互の研究成果の発表と情報の交換等を行っていく方針でおりますので、今後ともご協力のほどよろしくお願いいたします。

日本鱗翅学会東北支部 支部長 亀井 昭伍 

東北支部設立総会

開催日時:
平成24年11月17日(土曜日)
  受付開始: 午後1時
  総会開始: 午後2時
開催場所:
宮城県仙台市青葉区堤通雨宮町1−1
東北大学農学部 雨宮キャンパス 講義棟 第1教室
式次第:
1.開会あいさつ
2.来賓あいさつ
3.記念講演  工藤誠也氏
  「生体内微量元素分析を用いたスカシバガ類の移動分散評価」
4.東北支部役員の紹介
5.閉会あいさつ
立食パーティ(懇親会):
※ 設立総会終了後、雨宮キャンパス内の厚生会館において 「立食パーティ(懇親会)」(参加費¥3,000程度)を開催いたします。ぜひご参加頂きご懇談ください。
総会、懇親会の受け付けは当日でも可能ですが、会場準備の都合上、総会、懇親会出席の有無について、あらかじめ「事務局」まで連絡いただければ甚だ幸いです。

 事務局連絡先:
           携帯TEL 090-4555-9326(菅原淳)

アクセス





Google マップ
JR仙台駅から東北大学雨宮キャンパスまでのアクセス
1.仙台市営地下鉄  泉中央行き 北四番丁駅下車
    (乗車時間5分200円 下車後徒歩10分)
2.仙台市営バス  仙台駅前18番のりば
    県庁市役所経由鶴ヶ谷七丁目行 農学部前下車
3.仙台市営バス  仙台駅前19番のりば
    県庁市役所経由高松・安養寺二丁目行 農学部前下車
    県庁市役所経由東仙台営業所行 農学部前下車
    (乗車時間約15分180円)
4.タクシー  仙台駅タクシープールから雨宮キャンパスまで
    (乗車時間約15分1,200円程度)
2012/ 10/ 14 公開

日本鱗翅学会第59回(松山)大会のご案内

※終了しました。
第59回大会写真集へ(会員ページ)

 日本鱗翅学会第59回大会を下記の通り実施することになりましたのでご案内します。
 多数のご参加をお待ちしております。なお,本大会は愛媛大学ミュージアムとの共催となっているほか,四国内の昆虫同好会の後援を頂いております。

会場

大会・総会会場
愛媛大学城北キャンパス グリーンホール他
 〒790-8577 松山市道後樋又10番13号
 Tel 089-927-9000(代)
懇親会会場
愛媛大学生協食堂

日程

2012年10月27日(土)13時〜10月28日(日)17時

会費

大会参加費   
3,000円
懇親会費    
6,000円
講演要旨集のみ 
2,000円 (送料込み)  
昼食代(弁当+お茶)
1,000円 (2日目のみ)

日本鱗翅学会第59回大会プログラム

   *プログラムは8月時点のものです。一部変更する場合もありますので,御了承下さい。
会場−1:グリーンホール(シンポジウム、一般講演、小集会、総会等)  
会場−2:共通教育棟1階11番教室(小集会)
会場−3:共通教育棟1階12番教室(休憩室、PC動作確認室)
会場−4:共通教育棟1階13番教室(業者出店)
会場−5:共通教育棟2階22番教室(評議員会、自然保護委員会等)
会場−6:共通教育棟2階23番教室(大会事務局)
会場−7:愛大ミュージアム1階アクティブラーニングスペース(ポスターセッション)
会場−8:愛大ミュージアム1階アクティブラーニングスペース(四国の蝶・蛾標本展示)


10月27日(土) 大会1日目



■ 評議員会  (会場-5、10:00〜12:00)

■ 大会受付開始>  (12:00〜)

■ 開会挨拶  (会場-1、13:00〜13:15

■ シンポジウム  (会場-1、13:15〜15:45)

  テーマ:チョウ目昆虫の配偶行動 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 世話人 小汐千春
 S−01 ベニシジミの求愛回避行動に見る雌雄間の対立 井出純哉
 S−02 「昼蛾」の配偶行動−昼蛾は視覚と嗅覚を併用する 中 秀司
 S−03 配偶縄張りをめぐるチョウの雄たちの争い 竹内 剛
 S−04 羽化時期のずれで生じる生殖隔離 山本哲史

■ 記念写真撮影  (15:45〜16:15)

■ 一般講演  (会場−1、16:15〜17:30)
 A−01 アトモンヒロズコガ(ヒロズコガ科)に近縁な日本新記録種 長田庸平・坂井 誠・黄 国華
・広渡俊哉
 A−02 タカセモクメキリガの寄主植物は何か 四方圭一郎
 A−03 鱗翅目昆虫の分布拡大とその要因 中臣謙太郎
 A−04 北ベトナムにおける鱗翅類昆虫の調査―特にヤガ類について―    吉松慎一・綿引大祐
 A−05 2011年ブータンでのチョウ類多様性調査とその環境
  −ブータンシボリアゲハとその他のチョウたち−
矢後勝也・原田基弘ほか

■ 懇親会 愛媛大学生協食堂  (18:00〜20:00)


10月28日(日) 大会2日目




■ 一般講演  (会場−1、9:00〜11:00)
 A−06 メナドヒメワモン Faunis menado の分類学的再検討 山口 諒
 A−07 ウスバシロチョウの翅脈異常 寺 章夫・小野克己
 A−08 ナガサキアゲハの色彩分化に関する研究 前薗 剛
 A−09 ヤマトシジミ及びベニシジミ幼虫から得られた寄生性天敵の記録 石川光一
 A−10 2009〜2011年の関東地方におけるクロマダラソテツシジミの
発生状況とその変遷
蓑原 茂・矢後勝也・田中和夫
 A−11 四国産ホシミスジの近況報告 福田晴男
 A−12 チョウの吸水行動の謎が明らかに 本田計一・高瀬浩行・大村 尚
・本田 洋
 A−13 ミヤマシジミの幼虫の餌選択と成虫の産卵選択について 尾ア絵理・江田慧子・中村寛志

■ ポスター発表  (会場−7、コアタイム 11:00〜11:30)
 P−01 天社蛾など、蛾類の防禦行動 中臣謙太郎
 P−02 放蝶アカボシゴマダラは在来ゴマダラチョウを席巻する 松井安俊
 P−03 矢作川流域におけるウスバアゲハの分布動態と食性について 間野隆裕・山田昌幸・高橋匡司

■ 昼食休憩・愛大ミュージアム見学  (11:30〜13:00)

■ 自然保護委員会  (会場−5、12:00〜13:00)

■ 総 会  (会場−1、13:00〜13:30)

■ 小集会  (会場−1、会場−2、13:30〜16:00)
 ● 公開シンポジウム  (会場−1、13:30〜14:30)
 W−01  アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム  ・・・・・・・・・・・・  世話人 渡りチョウを調べる会
  ・四国地方における最近のアサギマダラの行動と生態について 山崎三郎・片岡雅美・楠瀬伸子
  ・愛媛県におけるマーキング活動の現状と課題 橋越清一・若山勇太・中村悦子
  ・アサギマダラなどの移動性昆虫の最新知見 金沢 至

 ● 小集会1  (会場−2、13:30〜14:45)
 W−02 四国の蝶類の最近の動向  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  世話人 大原賢二
 講演者:出嶋利明(香川県)、小川昌彦(徳島県)、荒川 良(高知県)、太田喬三(愛媛県)
  ・近年記録が出なくなった種類とその原因、四国を代表する種類の現状、
   温暖化により分布拡大した種類の状況等

 ● 小集会2  (会場−1、14:30〜15:45)
 W−03 カトカラ入門 −その魅力と採集法−  ・・・・・・・・・・・・・・・・  世話人 四方圭一郎
  ・基調講演「カトカラの魅力」 岸田泰則・石塚勝巳
  ・報告「日本産31種をどう攻めるか!」 藤平 暁
  ・コメント「チョウ屋でもカトカラLove」 長谷川 大

 ● 小集会3  (会場−2、14:45〜15:45)
 W−04 里山の蝶類の保全  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  世話人 荒川 良
  ・半自然草原に生息するチョウ類の多様性と保全 北原正彦
  ・オオルリシジミとミヤマシジミの復活への道 江田慧子
  ・兵庫県におけるウスイロヒョウモンモドキの保全活動 近藤伸一

■ 一般講演  (会場−1、15:45〜16:45)
 A−14 ゴマダラチョウ生息域へのアカボシゴマダラ侵入前後の両種の動態 松井安俊・星 光流
 A−15 エゾスジグロシロチョウの香気成分と生存日数との関係 棚橋一郎
 A−16 シルビアシジミとヒメシルビアシジミの交雑個体の発育 坂本佳子・平井規央・石井実
・矢後勝也
 A−17 ヒメシロチョウの生活史と行動 石井 実・平井規央・坂本佳子
・天満奈央・天満和久

■ 閉会挨拶  (会場−1、16:45〜17:00)


大会事務局,問い合わせ先

大会会長 
太田 喬三
大会実行委員長 
三谷 晃良
大会事務局長 
窪田 聖一
問い合わせ先 
この大会に関するお問い合わせは、事務局長(窪田)までお願い致します。
  〒791-3133 愛媛県伊予郡松前町昌農内322-10
  Tel/Fax: 089-984-5865
  

大会会場へのアクセス、会場案内図

JR松山駅,松山市駅から伊予鉄道市内電車「赤十字病院前」下車,徒歩約3分


Google マップ



その他

(1) 大学構内では指定場所以外では喫煙禁止となっております。
(2) 構内の駐車施設には限りがありますので,できる限り公共の交通機関でお越しください。
(3) 懇親会では、蝶・蛾標本、文献、昆虫グッズ等が全員に当たる抽選会を計画しております。
(4) 大会2日目の昼食休憩時には、愛大ミュージアムの収蔵室をご覧いただけます。ここには、皿ケ嶺のベニモンカラスシジミのタイプ標本をはじめ、100万点を超える昆虫標本が収蔵されております。
(5) 10月29日には,しまなみ海道(愛媛県今治市)方面にて,クロツバメシジミの観察会を計画しております。先着9名様としますので,ご希望の方は事務局までお申込みください。
2012/ 9/12 公開

関東支部「秋のつどい」(2012)

※終了しました。

 関東支部恒例の「秋のつどい」を下記の要領で開催いたします。
 皆様、どうぞお気軽にご参加ください。会員でなくても参加可能ですのでご興味のある方にも声をかけて下さい。

日時・場所

日時
2012年10月6日(土)13:00〜17:15 (開場 12:30)
会場
モンベルクラブ渋谷店Mont・bell5階サロン
   (場所は渋谷の東急ハンズの向いにあるお店(アウトドアショップ)の5階です。)
住所
東京都渋谷区宇田川町11−5モンベル渋谷ビル
電話
03−5784−4005
参加費
会員1,000円、非会員2,000円 (会場費・講演要旨代を含む)
(非会員の大学生・大学院生1,000円、高校生以下無料)
懇親会
会費4,000円 (大学生3,000円、高校生以下1,000円)
Mont・bell5階サロンにて (同じ会場です)


プログラム

    

一般講演

新津 修平

誰でも簡単に採れるミノムシ採集法について
中臣謙太郎・會田 重道   
・横田 光邦

大磯丘陵など里山のCatocalaの生態
北川 朝生

大東島、ハマヤマトシジミの新天地

加藤 義臣・里中 正紀

ヤクシマルリシジミの幼虫体色に対する環境要因の影響

石塚 正彦

ゼフィルスの活動時間と照度

     <休憩>

寺  章夫

ウスバシロチョウ属他の翅脈異常

矢後 勝也ほか

ブータンのチョウ類とその生息環境

工藤 洋平

川口市の蛾類調査報告

山本  慈

LEDライトによるアゲハチョウ類のサナギの発育過程の観察

meeting
会場風景

連絡先

お問い合わせ
福田晴男
〒409-0126 上野原市コモアしおつ1‐27‐5  
TEL:090-8317-7956
e-mail
企画・運営
日本鱗翅学会関東支部幹事会
担当評議員
宇野彰,北川朝生,栗山定,斉藤基樹,津吹卓,長谷川大,針谷毅,福田晴男,矢後勝也
幹事
小沢英之,長畑直和,新津修平
顧問
石川和宏,倉地正,瀬田和明,中谷貴壽
既に多数の方にご協力いただいておりますが、関東支部における「春」と「秋」の集い、等の葉書での案内を e-mail へ切り替えることにつきまして、ご協力頂ける方はアドレスを小沢(e-mail 本年より変更)までお知らせ下さい。
2012/ 8/11 公開

日本昆虫科学連合公開シンポジウム
「新時代の昆虫科学を拓く 3」

※終了しました。

日本鱗翅学会 会員各位

日本鱗翅学会も加盟している昆虫科学連合より公開シンポジウムの連絡がありましたのでお知らせ致します。
どなたでも無料でご参加いただけますので多くの方にご参加いただきたいと存じます。

昆虫科学連合の当該シンポジウムのページ
http://www.insect-sciences.jp/symp/sy2012.html

(日本鱗翅学会本部幹事:岩野秀俊)  

主催・日時・場所・参加費

主催:
日本学術会議農学委員会応用昆虫学分科会、日本昆虫科学連合
日時:
平成24年7月14日(土) 13:00〜17:20
場所:
東京大学弥生講堂 一条ホール(東京都文京区弥生1-1-1)
参加費:
無料、事前登録不要

開催趣旨

わが国における昆虫科学研究者の連携とコミュニティーの再構築を目指し、平成22年7月に「日本昆虫科学連合」が設立された。この連合は、自由で活発な学術情報の交換を通して、昆虫科学の一層の発展を支える基盤となることが期待されている。今回の公開シンポジウムは、昨年・一昨年の公開シンポジウムに引き続き、加盟学協会それぞれの目指す昆虫科学研究の最先端を紹介する とともに、学協会間の相互理解を深めることを目的とする。

プログラム(予定)


開会(13:00)
1 日本昆虫科学連合活動報告(13:05〜13:20)
    山下 興亜(日本学術会議連携会員、中部大学学長)
2 応用昆虫学分科会活動報告(13:20〜13:35)
    嶋田 透(日本学術会議第二部会員、東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
3 講演(13:35〜17:15)
  1)昆虫走光性の新たな理解 - 光に誘引される行動メカニズムとその適応的意義
     弘中満太郎(浜松医科大学 医学部 特任助教:日本比較生理生化学)
  2)クモの円網の形はなぜ真円でないのか?
     中田 兼介(京都女子大学 准教授:日本蜘蛛学会)
  3)駆除したスズメバチの巣から新シルク素材
     亀田 恒徳(農業生物資源研究所 主任研究員:日本野蚕学会)
  4)産業害虫としてのチャバネゴキブリの生態と防除
     田原 雄一郎((株)フジ環境サービス 学術顧問:日本ペストロジー学会)
  5)飛ばないテントウムシを利用した生物的防除
     世古 智一(農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 主任研究員:日本応用動物昆虫学会)
閉会(17:20)
※ 時間・講演者・講演順などは若干変更する可能性があります。

問い合わせ先



   日本昆虫科学連合 事務局長
   日本 典秀(Norihide HINOMOTO)
   独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 病害虫研究領域
   〒305-8666 茨城県つくば市観音台3-1-1
   E-mail: nhinomoto@insect-sciences.jp
   Tel: 029-838-8939 Fax: 029-838-8837


2012/ 5/ 29 公開

東北支部設立準備委員会議報告

5月12日に仙台において「東北支部設立準備委員会議」を開催しました。
 (青森:工藤忠・市田忠夫
  岩手:砂田比左男
  秋田:成田正弘
  福島:齋藤忠雄・永田斉寿、宮城:阿部剛・亀井昭伍・保坂満・菅原淳
  オブザーバー:カメイ美術館館長代行片倉義和)

オブザーバーを含めて11名が集まり、支部開催を話し合い、11月17日土曜日に仙台で設立総会を開催することを決定いたしました。

設立準備事務局 菅原淳 

東北支部設立総会

開催日:
平成24年11月17日土曜日
  受付開始: 午後1時〜
  総会開始: 午後2時〜
開催場所:
宮城県仙台市青葉区堤通雨宮町1−1
東北大学農学部 雨宮キャンパス
  設立総会会場: 第1講義室
  懇親会場: 厚生会館
問い合わせ先:
日本鱗翅学会東北支部
  設立準備事務局 菅原淳
  
2012/ 5/ 27 公開

灯火に飛来する昆虫の採集観察会のお知らせ

※終了しました。

 日本鱗翅学会信越支部では,信州昆虫資料館及び日本昆虫協会長野支部との共催により,下記のとおり,蛾などの灯火に飛来する昆虫の採集観察会を開催いたします。

 今回の開催は,子供達が伸び伸びと昆虫採集に取り組めるように,学会の腕章を付けての採集会を試行実施し,子供達の腕章を付けた感想や第三者の昆虫採集に対する感触を確かめることも目的としています。お子さんを連れての参加歓迎です。なお,宿泊を希望される場合は,当館に泊まることができます。ただし,素泊まりですので,極力,夕飯・朝食およびシュラフをご持参ください。(風呂はありませんが,麓に田沢温泉があります。)

1 場所
長野県青木村信州昆虫資料館(青木村田沢温泉上 TEL 0268-37-3988)
2 日時
平成24年6月2日(土) (〜3日(日))
3 費用
大人300円 子供(中学生以下)無料
宿泊者は別途1,500円程度
4 内容
16:00〜 資料館展示見学
18:00〜 ライトトラップによる採集会
5 その他
参加者は特に申し込みの必要はありませんが,宿泊希望者は田下(090-7214-4361・メール:email_tashita)まで5月末日までにご連絡ください。
夕飯・飲み物持参。雨天決行です。ライトトラップの道具のある方は,持参ください。
支部長:井原道夫  幹事:田下昌志・福本匡志

2012/ 5/13 公開

『海を渡る昆虫の神秘』シンポジウム開催のご案内

※終了しました。

名古屋昆虫同好会主催、日本鱗翅学会東海支部後援の掲記のシンポジウムが開催されます。
アサギマダラを中心とする様々な移動する昆虫についての話題と、移動の仕組みについてわかっていることと未解明なことなど、その神秘を探るシンポジウムです。
ご興味のおありの方は、是非ご参加下さい。
人数に限りがありますので、早めにお申し込み下さい。。
    定員 100名(先着順)

日時・場所・参加費等

日時
2012年 5月26日(土)
シンポジウム 13:30〜16:30(開場13:00)無料
懇親会 17:00〜(4,000円程度)
場所
名城大学天白キャンパス共通講義棟北館1階

詳細案内

シンポジウム案内 (PDF)

2012/ 3/ 30 公開

日本鱗翅学会第59回大会のご案内

※終了しました。

 プログラムおよび最新の案内はこちらをご覧下さい。

 日本鱗翅学会第59回大会を下記の通り実施することになりましたのでご案内します。
 多数のご参加をお待ちしております。なお,本大会は愛媛大学ミュージアムとの共催となっているほか,四国内の昆虫同好会の後援を頂いております。

1.会場

大会・総会会場
愛媛大学城北キャンパス
 〒790-8577 松山市道後樋又10番13号
 Tel 089-927-9000(代)
懇親会会場
愛媛大学生協

2.日程

2012年10月27日(土)13時〜10月28日(日)17時

27日  評議員会(午前中),シンポジウム,一般講演,ポスター講演,懇親会
28日  小集会,一般講演,ポスター講演(コアタイム),自然保護委員会,総会

3.参加申し込み

やどりが232,233号に綴じ込んだ振替用紙に必要事項をご記入の上,送金ください。
なお,送金頂いた参加費は後日取り消しの場合でも返金出来かねますので,ご了承ください。

4.参加費

大会参加費   
3,000円 (7月31日までは早期申込割引2,000円)
懇親会費    
6,000円 (7月31日までは早期申込割引5,000円)
講演要旨集のみ 
2,000円 (送料込み)  
昼食代(弁当+お茶)
1,000円 (2日目のみ)
※ 2日目は,生協の食堂は営業しておりません。また周辺には飲食店があまりありませんので弁当のご予約をお勧めします。 

5.一般講演・ポスター講演

(1) 講演参加申込期限 
7月31日(火)(締め切り厳守)
電子メールまたは郵送にて下記へお申込ください。受領後直ちに講演要旨集の原稿やポスターの作成要領等をお送りします。
【申込先】
 〒791-3133 愛媛県伊予郡松前町昌農内322-10 
    窪田 聖一 宛
        
        Tel/Fax: 089-984-5865

(2) 一般講演
一般講演の持ち時間は質疑応答を含めて15分です。時間厳守のほどお願いします。
講演には液晶プロジェクター(Windows版PowerPoint)が使用できます。
ウイルス感染防止のため,使用メディアはCD−Rのみといたします。
講演数には限りがありますので,早めに申し込まれることをお薦めします。

(3) ポスター講演
掲示するポスターは,横83cm縦110cmに収まるよう作成してください。作成方法は自由です。初日から掲載できますが,コアタイムは2日目です。

6. 小集会

今大会では3つの小集会枠を用意しております。
応募先は講演と同じで、7月31日締め切りといたします。
応募数が枠を超えた場合には実行委員会で選考させて頂きますので,ご了承ください。

7.旅券,宿泊

斡旋はいたしません。参考に,松山市内の宿泊施設をいくつかあげておきますので,各自でお早めに手配をお願いします。

ホテルのご案内(価格は,シングル1泊,朝食付)
ホテル名
宿泊代金
最寄り駅,徒歩所要時間
電話番号
ホテルサンルート松山5950円〜
松山駅,3分
089-933-2811
ターミナルホテル松山5610円〜
松山駅,1分
089-947-5388
ホテルJALシティ松山7700円〜
西堀端,すぐ
089-913-2580
松山全日空ホテル9000円〜
大街道,すぐ
089-933-5511
プレミアイン松山7500円〜
勝山町,1分
089-915-0011
松山ワシントンホテルプラザ6350円〜
勝山町,2分
089-945-8111
ホテル泰平5600円〜
鉄砲町,3分
089-943-5000

8. 大会会場へのアクセス

JR松山駅,松山市駅から伊予鉄道市内電車「赤十字病院前」下車,徒歩約3分




9.大会事務局,問い合わせ先

大会会長 
太田 喬三
実行委員長 
三谷 晃良
事務局長 
窪田 聖一
  〒791-3133 愛媛県伊予郡松前町昌農内322-10
  
  Tel/Fax: 089-984-5865

10.その他

(1) シンポジウムは「チョウ目昆虫の配偶行動」を予定しております。
(2) 大学構内では指定場所以外では喫煙禁止となっております。
(3) 構内の駐車施設には限りがありますので,できる限り公共の交通機関でお越しください。
(4) 集合写真は撮影しますが販売はしません。他のスナップ写真と共に学会のホームページに登録しますので,自由に閲覧,ダウンロードしてください。
(5) 10月29日には,しまなみ海道(愛媛県今治市)方面にて,クロツバメシジミの観察会を計画しております。先着9名様としますので,ご希望の方は事務局までお申込みください。
2012/ 3/11 公開

日本鱗翅学会四国支部第17回例会のお知らせ

※終了しました。

毎年恒例となりました四国支部の例会を開催します。
特に参加申し込みなどは行っていませんので,当日お気軽に御参加下さい。

日時
平成24年2月26日(日曜日) 11:00〜17:00(予定)
場所
愛媛県総合科学博物館 (高速いよ西条I.C.より約5分) 交通アクセスはこちらを参照
生涯学習棟 3階 会議室

本年は以下のような演題を予定しています。

テーマ講演「四国におけるタテハチョウ類の最近の動向」

そのほかの演題

この他にも飛び入りでの情報提供や,標本の持ち込み等もお待ちしております。皆様お誘いあわせの上,ぜひご参加ください。

お問い合わせ



大西 剛
〒792-0060
愛媛県総合科学博物館
TEL:0897-40-4109(代表)
Fax: 0897-40-4101
email_ohnishi

2012/ 2/22 公開

東海支部:第149回例会案内
(三重昆虫談話会と共催)

※終了しました。

東海支部の「第149回例会」を下記の要領で開催いたします。
皆さんふるってご参加ください。

(会員外の皆様も参加を歓迎します)

日時・場所・参加費等

日時
2012年 3月4日(日)13:30〜17:00
場所
三重教育文化会館 3階第二会議室
  三重県津市桜橋2-142
  TEL:059-228-1122

  地図はこちらをクリック

参加費
無料

講演

河本実: 三重県北部のチョウの現状
西田悦造: 三重県のフクイアナバチとクズハキリバチ

連絡先


現在メールでのご案内に随時切り替えております。
メール利用の方は下記事務局にメールアドレスをお教え下さい。

事務局
日本鱗翅学会 東海支部事務局 江田信豊 

〒489-0863 愛知県瀬戸市せいれい町27
FAX:0561-89-2039

2012/ 2/ 15 公開

関東支部「春のつどい」(2012)

※終了しました。

 関東支部恒例の「春のつどい」を下記の要領で開催いたします。
 皆様、どうぞお気軽にご参加ください。会員でなくても参加可能ですのでご興味のある方にも声をかけて下さい。

日時・場所

日時
2012年3月10日(土)13:00〜18:00 (開場 12:30)
会場
モンベルクラブ渋谷店Mont・bell5階サロン
   (場所は渋谷の東急ハンズの向いにあるお店(アウトドアショップ)の5階です。)
住所
東京都渋谷区宇田川町11−5モンベル渋谷ビル
電話
03−5784−4005
参加費
会員1,000円、非会員2,000円 (会場費・講演要旨代を含む)
(非会員の大学生・大学院生1,000円、高校生以下無料)
懇親会
会費4,000円 (大学生3,000円、高校生以下1,000円)
Mont・bell5階サロン (同じ会場です)

プログラム

    

一般講演

新津修平

フユシャクガ類のメスに見られる翅退縮機構の解明に向けて
−フチグロトゲエダシャクをモデル材料に−

中臣謙太郎

アマミアオシャチホコの生活史とアオシャチホコ属に関する懸案事項

横田光邦・中臣謙太郎   

豪快な背面突起を有する未知の尺取虫

松田邦雄

フユシャク探しの楽しみ

福田晴男

日本産ホシミスジ各亜種(個体群)における成虫斑紋の特徴

松井安俊

放蝶<侵略的外来種>アカボシゴマダラによる在来種への影響・一考察

     <休憩>

加藤義臣・橋本健一  

ベニシジミの季節型発現と地域差

橋本健一

ナミアゲハ・クロアゲハの発育零点と有効積算温度および蛹休眠誘起の要因に関する知見

柳本 茂

神奈川県で再度発生したクロマダラソテツシジミ

石塚正彦

秩父市街地付近におけるチョウの周年経過

須田博之・藤本明優

入間川河川敷におけるジャコウアゲハの個体数変動


meeting
会場風景

連絡先

お問い合わせ
福田晴男
〒409-0126 上野原市コモアしおつ1‐27‐5  
TEL:090-8317-7956
e-mail
企画・運営
日本鱗翅学会関東支部幹事会
担当評議員
宇野彰,北川朝生,栗山定,斉藤基樹,津吹卓,長谷川大,針谷毅,福田晴男,矢後勝也
幹事
小沢英之,長畑直和,新津修平
顧問
石川和宏,倉地正,瀬田和明,中谷貴壽
既に多数の方にご協力いただいておりますが、関東支部における「春」と「秋」の集い、等の葉書での案内を e-mail へ切り替えることにつきまして、ご協力頂ける方はアドレスを小沢(e-mail 本年より変更)までお知らせ下さい。
2012/ 1/10 公開

与那国島への自衛隊配備計画に関わる要望書

 与那国島には、2011年2月に「種の保存法」における国内希少野生動植物種に指定されたばかりのヨナグニマルバネクワガタやフチトリゲンゴロウをはじめ、多くの固有種・固有亜種の昆虫が生息していますが、陸上自衛隊の配備計画が進んでおり、危機にさらされる恐れがあります。
 そこで、日本鱗翅学会は、日本昆虫学会と連携し、日本甲虫学会、日本昆虫分類学会、日本トンボ学会とともに、同島の生態系に対する影響を最小限におさえるよう、環境大臣、防衛大臣、沖縄県知事、与那国町長に要望書を提出しました。

   与那国島への自衛隊配備計画に関わる要望書(防衛大臣宛)
   与那国島への自衛隊配備計画に関わる要望書(沖縄県知事宛)
   与那国島への自衛隊配備計画に関わる要望書(与那国町長宛)
   与那国島への自衛隊配備計画に関わる要望書(環境大臣宛)

 2012年1月4日

自然保護委員長 石井 実

2012/ 1/10 公開

会誌バックナンバーの取り扱いについて

「蝶と蛾」「やどりが」などの本会出版物のバックナンバーは、出版後2年間に限り 東京本部で取り扱っております。ハガキまたはFaxにてご注文ください。

   日本鱗翅学会東京本部
   〒192-0063 東京都八王子市元横山町2-5-20
   Fax 042-642-0180


それ以前のバックナンバーは国立情報学研究所のデータベース(CiNii)にて公開されており、 下記のURLからダウンロードすることができます。

   国立情報学研究所(CiNii)URL

2012/1/1 改訂

2012年 会合予定

学会大会

◆第59回日本鱗翅学会大会 ※終了
日時 2012年10月27日(土)〜28日(日)
会場 愛媛大学城北キャンパス(松山市)
New!  
◆第60回日本鱗翅学会大会
日時 2013年11月9日(土)〜11月10日(日)
会場 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(堺市)

東北支部

◆東北支部設立総会 ※終了
日時 2012年11月17日(土)
会場 東北大学農学部 雨宮キャンパス(仙台市)

関東支部

◆関東支部 春のつどい ※終了
日時 2012年3月10日(土)
会場 モンベルクラブ渋谷店5階サロン
◆関東支部 秋のつどい ※終了
日時 2012年10月6日(土)
会場 モンベルクラブ渋谷店5階サロン

東海支部

◆第149回東海支部例会(三重昆虫談話会と共同開催) ※終了
日時 2012年3月4日(日)
会場 三重教育文化会館 3階第二会議室(三重県津市)
◆第150回東海支部例会(静岡昆虫同好会、相模の蝶を語る会と共同開催) ※終了
日時 2012年8月24日(金)〜25日(土)
会場 静岡県伊東市
◆東海支部総会及び第151回例会 ※終了
日時 2012年12月1日(土)
会場 名城大学天白キャンパス(名古屋市天白区)

信越支部

◆灯火に飛来する昆虫の採集観察会 ※終了
日時 6月2日(土)
会場 長野県青木村 信州昆虫資料館
◆蛾の採集観察会(予定) ※終了
日時 7月(予定)
会場 新潟県糸魚川市平滝付近(予定)
◆蛾の採集観察会(予定) ※終了
日時 7月(予定)
会場 長野県松本市アルプス公園(予定)

近畿支部

◆第145回近畿支部例会(共催・渡りチョウを調べる会) ※終了
日時 2012年5月6日(日)
会場 大阪市立自然史博物館
◆三草山トラストのゼフィルス調査 ※終了
日時 2012年6月23日(土) 予備日24日(日)30日(土)
会場 大阪府豊能郡能勢町 三草山
◆アサギマダラマーキング調査 ※終了
日時 2012年8月4日(土) 予備日5日(日)
会場 滋賀県志賀町打見山(琵琶湖バレー)
◆第146回近畿支部例会・日本昆虫学会近畿支部2012年度大会合同大会 ※終了
日時 2012年12月8日(土)
会場 兵庫県立人と自然の博物館

中国支部

◆第14回中国支部例会 ※終了
日時 2012年11月17日(土)
会場 岡山国際交流センター

四国支部

◆第17回四国支部例会 ※終了
日時 2012年2月26日(日)
会場 愛媛県総合科学博物館(愛媛県新居浜市)

九州支部

◆九州支部大会 (日本昆虫学会九州支部との合同大会) ※終了
日時 2012年12月1日(土)〜2日(日)
会場 (佐賀市 佐賀大学農学部)
2012/11/ 9 改訂

これまでのイベントのお知らせ

2011年

2011年度イベント過去ログ / 第58回大会(札幌)案内

2010年

2010年度イベント過去ログ / 第57回大会(東京)案内

2009年

2009年度イベント過去ログ / 第56回大会(名古屋)案内

2008年

2008年度イベント過去ログ / 第55回大会(福岡)案内

2007年

2007年度イベント過去ログ / 第54回大会(新潟)案内

2006年

2006年度イベント過去ログ

2005年

2005年度イベント過去ログ / 第52回大会(藤沢)案内

2004年

2004年度イベント過去ログ / 第51回大会(松江)案内

2003年

2003年度イベント過去ログ / 第50回大会(高松)案内

2002年

2002年度イベント過去ログ / 第49回大会(青森)案内