2011年ニュース・イベント情報

このページでは鱗翅学会のイベント情報・ウェブサイトの更新情報・その他お知らせを掲示しています。

直前のイベント

2011年の予定表へ

最近の更新

11月25日

11月12日

11月9日

10月25日

10月21日

10月7日

9月11日

9月1日

8月22日

8月7日

8月4日

7月25日

6月28日

6月8日

5月30日

5月28日

5月21日

5月11日

5月9日

4月30日

4月28日

4月23日

3月11日

2月14日

2月11日

2月7日

1月27日

1月18日

2010年12月27日

11月20日

10月9日

日本鱗翅学会東海支部
2011年総会及び第148回例会のご案内

東海支部2011年総会及び第148回例会のご案内を公開しました。
会員外の皆様の参加も歓迎します。

2011/11/25 公開

平成23年度 日本鱗翅学会九州支部・日本昆虫学会九州支部
合同大会プログラム

日本昆虫学会九州支部・日本鱗翅学会九州支部合同大会プログラムを公開しました。
会員外の皆様の参加も歓迎します。

2011/11/12 公開

会誌バックナンバーの取り扱いについて

 「蝶と蛾」「やどりが」などの本会出版物のバックナンバーは、福島県いわき市の日本鱗翅学会出版管理部にて取り扱っておりましたが、3月の東日本大震災で大きな被害を受け、バックナンバーの出荷に支障をきたしております。そのため、現在の日本鱗翅学会出版物管理部でのバックナンバーの取り扱いは今年度で終了します。来年度からは東京本部がバックナンバーを取り扱っていきます。
 なお、新たにバックナンバーの保管場所を確保することが困難なこと、近年の出版物電子化の進展により、バックナンバーの需要が縮小傾向にあるこことから、来年度以降はバックナンバーの取り扱い期間は、出版後2年間を目途とさせていただきます。
 出版物管理部の倉庫が震災の被害により、倉庫内が混乱しています。そのため、下記の号の発送は時間がかかる場合があることをご了承ください。。

バックナンバー発送可能時期(予定)

「蝶と蛾」 1〜20、54(1)〜
2011年9月〜2012年6月15日
「やどりが」 No.194〜
2011年9月〜2012年6月15日
「蝶と蛾」 21〜53
2011年12月10日〜2012年6月15日
「やどりが」 No.194以前
2011年12月10日〜2012年6月15日

 現在の出版物管理部でのバックナンバーの申込みは2011年12月31日までとなります。

2011/11/9 公開

近畿支部第144回例会案内の訂正

やどりが 第230号(2011)59ページ「向こう1年、会合予定」で掲載された近畿支部第144回例会の案内において、開催日と場所に間違いがあります。正しくは、
  日時 2011年12月10日(土)
  会場 大阪市立自然史博物館

です。
学会ホームページ 「2011年の予定表」 の会場も訂正しました。
間違った情報を流してしまったこと深くお詫びします。
なお、近畿支部会員諸氏には、144回例会案内のハガキで正しい日時と会場お知らせします。

2011/10/25 公開

関東支部「秋のつどい」(2011)

※終了しました。

 関東支部恒例の「秋のつどい」を下記の要領で開催いたします。
 皆様、どうぞお気軽にご参加ください。会員でなくても参加可能ですのでご興味のある方にも声をかけて下さい。

日時・場所

日時
2011年10月1日(土)13:00〜17:00
会場
モンベルクラブ渋谷店Mont・bell5階サロン
   (場所は渋谷の東急ハンズの向いにあるお店(アウトドアショップ)の5階です。)
住所
東京都渋谷区宇田川町11−5モンベル渋谷ビル
電話
03−5784−4005
参加費
会員1,000円、非会員2,000円 (会場費・講演要旨代を含む)
(非会員の大学生・大学院生1,000円、高校生以下無料)
懇親会
会費4,000円 (大学生・大学院生3,000円、高校生以下1,000円)
Mont・bell5階サロン (同じ会場です)

プログラム

    

一般講演

中臣謙太郎・横田光邦

樹林帯(温帯落葉広葉樹林など)に棲息するシャチホコガ科とhost植物

新津修平

オオミノガ終齢幼虫の頭幅サイズが小さくなるのはなぜ?

矢野高広・堀江清史

日本のベニモンマダラの調査とその現状−マダラガ科(Zygaenidae)−

Visheshni CHANDRA・Uma KHURMA・
Linton WINDER・矢後勝也・萩谷宏・井上 A.尚  

フィジーのアゲハ研究録

     <休憩>

加藤義臣・宮下直

東京大学田無演習林におけるアカボシゴマダラ越冬幼虫の季節消長

石塚正彦

ウラキンシジミ終齢幼虫のパラシュート降下に関する面白い生態

曽我昌史・小池伸介

生活史特性を指標とした都市近郊林における蝶類の絶滅確率の評価

青柳幸樹

ふしぎ蝶の足 PART-W−タテハチョウは4本足で止まるのはなぜ?−


meeting
会場風景

連絡先

お問い合わせ
針谷 毅
e-mail
企画・運営
日本鱗翅学会関東支部幹事会
担当評議員
宇野彰,北川朝生,栗山定,斉藤基樹,津吹卓,長谷川大,針谷毅,福田晴男,矢後勝也
幹事
小沢英之,長畑直和,新津修平
顧問
石川和宏,倉地正,瀬田和明,中谷貴壽
既に多数の方にご協力いただいておりますが、関東支部における「春」と「秋」の集い、等の葉書での案内を e-mail へ切り替えることにつきまして、ご協力頂ける方はアドレスを倉地(e-mail)までお知らせ下さい。
2011/ 8/22 公開

東海支部:第147回例会案内

※終了しました。

東海支部の「第147回例会」を下記の要領で開催いたします。
皆さんふるってご参加ください。

(会員外の皆様も参加を歓迎します)

日時・場所・参加費等

日時
2011年 8月20日(土) 17:00 〜 21日(日) 9:00
(静岡昆虫同好会と共催)
場所
南アルプス赤石温泉白樺荘(静岡市葵区田代1110-5)
  TEL:054-260-2021

こちらをクリック

静岡駅または東名高速相良牧之原インターから2時間半、安倍川・大井川をのぼって井川ダム湖の先、畑薙第2ダム湖畔です。
参加費
8,000円(1泊2食付)
申し込み
8月5日(金)までに下記へご連絡下さい。
〒420-0815
静岡市葵区上沓谷町14-9 諏訪哲夫方
TEL:054-247-6524

☆20日は夜間採集を実施する予定です。
皆様、ふるってご参加ください。

連絡先


現在メールでのご案内に随時切り替えております。
メール利用の方は下記事務局にメールアドレスをお教え下さい。

事務局
日本鱗翅学会東海支部事務局 (事務局が変更になりました)
〒489-0863 愛知県瀬戸市せいれい町27
南山大学 総合政策学部 江田 信豊
TEL:0561-89-2000 FAX:0561-89-2039


2011/ 7/ 25 公開

日本鱗翅学会第58回大会(札幌大会)プログラム
(後援:北海道昆虫同好会,釧路昆虫同好会,札幌医師会自然・昆虫クラブ,道南虫の会,十勝蝶の会)(日本甲虫学会と部分共催)

※終了しました。
第58回大会写真集へ(会員ページ)

 日本鱗翅学会第58回大会を下記のとおり実施することになりましたので,ご案内します。
 多数のご参加をお待ちしております。なお,本大会は日本甲虫学会との部分共催となっているほか,北海道昆虫同好会,釧路昆虫同好会,札幌医師会自然・昆虫クラブ,道南虫の会,十勝蝶の会の後援をいただいております。

会場

大会・総会会場:
北海道大学高等教育推進機構(北海道大学高等教育機能開発総合センターが4月に改称になりました)
 〒060-0817 札幌市北区北17条西8丁目
 電話 011-716-2111(代)
懇親会場:
 北海道大学生協 北部食堂 大会会場のとなり

          会場案内図

日程

2011年7月30日(土)13:00 〜 7月31日(日)17:00 (予定)

会費

大会参加費  
3,000円
講演要旨のみ 
2,000円 (送料込み)  
懇親会費   
6,000円
昼食代    
1,000円 (2日目のみ)  

日本鱗翅学会第58回大会プログラム

   *プログラムは5月時点のものです。一部変更する場合もありますので,御了承下さい。
会場-1:大講義室(シンポジウム,一般講演,総会等)
会場-2:S3講義室(自然保護委員会,小集会等)
会場-3:S5講義室(休憩室,PC動作確認室)
会場-4:S4講義室(大会事務局)
会場-5:S6講義室(ポスターセッション)

7月30日(土) 大会1日目

評議員会  (会場-2,10:00〜12:00)

大会受付開始
  (会場-1,12:00〜)

開会挨拶
  (会場-1,13:00〜13:15)

日本鱗翅学会・日本甲虫学会合同シンポジウム  (会場-1,13:15〜15:45)

  テーマ  北方圏の成り立ちとその昆虫相  総合司会:大原昌宏

 S-01 北方圏における最終氷期以降の植生変遷史 五十嵐八枝子
 S-02 北方圏の植物分類地理 高橋英樹
 S-03 最終氷期の北海道の甲虫相 初宿成彦
 S-04 サハリンの蝶相−解明の進展と再検討(予報) 朝日純一
 S-05 北方の樹林帯とシャチホコ蛾 中臣謙太郎

一般講演  (会場-1,15:45〜16:45)

 A-01 浦和高校百年の森−ヒョウモンチョウ類の出現状況− 巣瀬 司
 A-02 絶滅危惧種アサマシジミの局所個体群の構造について 渡邊通人
 A-03 北海道から発見された日本未記録のAnacamsis sp.(Lep., Gelechiidae)について 水谷 穣
 A-04 シャチホコガ科幼虫の行動(摂食行動とhost植物・防御行動・集合行動) 中臣謙太郎

記念写真撮影  16:45〜17:15

懇親会  北海道大学生協 北部食堂 17:30〜


7月31日(日) 大会2日目


一般講演  (会場-1,9:00〜11:30)
 A-05 荒川河川敷のチョウ類群集 瀬田和明
 A-06 大阪国際空港周辺におけるシルビアシジミのマーキング調査 森地重博・蓑原 茂・平井規央
 A-07 都市分断林における蝶類を用いた島嶼生物地理学の検証 曽我昌史・小池伸介
 A-08 東北地方におけるオオモンシロチョウの最新情報について 上野雅史
 A-09 北海道のヤママユガ科について(仮題) 町島佳幸
 A-10 鳥類の巣に生息する鱗翅類 那須義次・村濱史郎・松室裕之・上田恵介・広渡俊哉・
吉安 裕
 A-11 ヒカリバコガ属(ヒカリバコガ科)に関する分類学的新知見 広渡俊哉
 A-12 汽水域のヨシを寄主または利用するガ類の生活史 吉安 裕・広岡祐太
 A-13 鱗翅類の日周活動性−ウスバシロエダシャク,シロオビノメイガなど− 金沢 至・竹内啓一
 A-14 日本産トリバガ科の最新の知見 間野隆裕・Sora Kim

ポスター発表  (会場-5,コアタイム 11:30〜12:00)
 P-01 蛾類幼虫百態(その11)ブナ帯北限のシャチホコガなど 中臣謙太郎・横田光邦
 P-02 高山帯の鱗翅目昆虫は減少しているか−乗鞍岳で始めた調査 船越進太郎
 P-03 フシノハアワブキ(アワブキ科)の葉に潜るホソガ 小林茂樹・広渡俊哉
 P-04 北海道におけるユーラシアオホーツクヨトウの分布拡大と今後 小木広行
 P-05 キボシミスジトガリバ北海道南部亜種の幼生期について 小松利民・名越和夫

自然保護委員会  (会場-2,12:00〜13:00)

総会  (会場-1,13:00〜13:30)

小集会  (会場-1,会場-2,13:30〜14:30)

 W-01   
 (会場-1)

アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム

世話人:石井 実
  ・北海道南部のアサギマダラ(12年間の観察報告)  対馬 誠
  ・アサギマダラなどの移動昆虫の最近の話題  金沢 至
 W-02
 (会場-2)
温帯落葉広葉樹林帯に棲息する蛾類とhost植物
(鱗翅類の植生を反映する植物の真系統分類)−APGV

世話人:中臣謙太郎・横田光邦

一般講演  (会場-1,14:30〜16:30)
 
 A-15 鱗翅類コレクション画像データベースLepImagesの構築 神保宇嗣・吉松慎一・広渡俊哉・中西明徳・上田恭一郎・
矢田脩・橋本佳明・阿部芳久・宇津木望・伊藤元己
 A-16 世界の蝶のGynandromorph 菱川法之
 A-17 ウスバシロチョウの黒い産地と白い産地の交配実験 小野 克巳・寺 章夫
 A-18 モンゴルにおける「ウラギンヒョウモン」の興味ある行動の観察 大島良美
 A-19 ブルガリア産ベニヒカゲ(Erebia)属の分子系統地理−日本産高山蝶と比較して− 中谷貴壽・宇佐美真一・伊藤建夫
 A-20 日本列島各地におけるキアゲハ集団の遺伝的多様性 宮川美紗・八木孝司・石原道博
 A-21 ゴマダラチョウの越冬幼虫が食樹を下るタイミング 石井 実

閉会挨拶  (会場-1,16:30〜17:00)


大会事務局,問合せ先

大会会長: 久万田敏夫 
実行委員長: 川田光政 
事務局長: 青山慎一 
問合わせ先: 
この大会に関するお問い合わせは,事務局長(青山)までお願いいたします。    
〒004-0004 札幌市厚別区厚別東四条七丁目16-1
電話・FAX  011-897-6641

会場へのアクセス

地下鉄南北線 北18条駅より徒歩15分
JR札幌駅 北口より徒歩25分 タクシー5分

その他

会場案内図

先頭へ戻る

2011/ 6/ 9 公開

近畿支部第142回例会・
アサギマダラプロジェクト公開シンポジウムのご案内

※終了しました。

下記のとおり第142回例会・アサギマダラプロジェクト公開シンポジウムを開催しますので、多数の方のご参加をお願い申し上げます。
会員以外の方のご参加も歓迎します。

日時・場所

主 催
日本鱗翅学会近畿支部、渡りチョウを調べる会、大阪市立自然史博物館
共 催
日本昆虫学会近畿支部
日 時
2011年5月7日(土)13:00〜17:00
会 場
大阪市立自然史博物館 講堂
 (長居公園; 長居東バス停近くの南側通用口から入場してください。)
懇親会
例会終了後に懇親会を開催します。参加ご希望の方は5月4日までに伊藤までご連絡ください。
会費4,000円の予定。

プログラム

講演題目

  1. コウノトリの巣に生息する昆虫類とアカマダラハナムグリの生態
       那須義次・村濱史郎・三橋陽子・大迫義人・上田恵介(和歌山県他)
  2. ウスバシロエダシャクの黒化型と日周活動性
       竹内啓一(大阪府大・緑地環境)・金沢 至(大阪市立自然史博物館)
  3. 大和葛城山付近のヤマトスジグロシロチョウの標本
       松田真平(大阪市)
  4. マーキングによるキタキチョウ越冬調査
       伊藤ふくお(奈良県)
  5. 山口県西部のアサギマダラ調査
       福村拓己(長州アサギマダラの会)
  6. 訂正!  びわ湖バレイのアサギマダラ 復活の試み
       金田 忍・藤野適宏(BVアサギマダラの会)

アサギマダラプロジェクト 公開シンポジウム(15:00〜)

  1. 屋久島におけるアサギマダラの移動調査
       久保田義則(鹿児島昆虫同好会)
  2. 石川県におけるアサギマダラの移動調査−能登半島を中心に
       松井正人(百万石蝶談会
  3. 2010年のアサギマダラの調査成果報告
       金沢 至(大阪市立自然史博物館)
  4. 総合討論

お問い合わせ先

日本鱗翅学会近畿支部幹事 伊藤ふくお
  奈良県北葛城郡上牧町片岡台3丁目1-25-101
  TEL:0745-51-7626 FAX:0745-51-7627
  
2011/ 4/28 公開

長野県希少野生動植物保護条例について

長野県環境部自然保護課より本会宛に「長野県希少野生動植物保護条例の規定に基づく特別指定希少野生動植物種の追加について」という文書が届きました。

2010/ 2/11 公開

日本鱗翅学会第58回(北海道)大会のご案内

※終了しました。

 日本鱗翅学会第58回大会を下記の通り実施することになりましたのでご案内します。
 多数のご参加をお待ちしております。
 なお,本大会は日本甲虫学会との部分共催となっているほか,北海道内の昆虫同好会,研究会の後援を戴いております。

1.会場

大会・総会会場
北海道大学高等教育機能開発総合センター
 〒060-0817 札幌市北区北17条西8丁目
 Tel: 011-716-2111(代)
懇親会場
北海道大学生協 北部食堂 (大会会場隣り)

2.日程

2011年7月30日(土)13時〜7月31日(日)17時

30日  評議員会,一般講演,シンポジウム,ポスター講演,懇親会
31日  一般講演,ポスター講演(コアタイム),総会,小集会

3.参加申し込み

やどりが227, 228号に綴じ込んだ振替用紙に必要事項をご記入の上,送金ください。
なお,送金戴いた参加費は後日取消の場合でも返却出来兼ねますので,ご了承ください。

4.参加費

大会参加費   
3,000円 (2011年3月31日までは早期申込割引 2,000円)
懇親会費    
6,000円 (2011年3月31日までは早期申込割引 5,000円)
講演要旨集のみ 
2,000円 (送料込み)  
昼食代     
1,000円 (2日目のみ)  

5.一般講演・ポスター講演

(1) 講演参加申込期限 
2011年4月20日(厳守)
郵送または電子メールにて下記へお申し込み下さい。受領後直ちに講演要旨集の原稿やポスターの作成要領等をお届けします。
【申込先】
 〒064-0915 札幌市中央区南15条西15丁目1−15 
    川田 光政 宛
        
        Tel: 011-551-5580
        Fax: 011-551-5589

(2) 一般講演
一般講演の持ち時間は質疑応答を含めて15分です。時間は厳守して下さい。
講演には液晶プロジェクター(Windows版PowerPointのみ)が使用できます。その他のAV機器については事務局にご相談下さい。
講演数には限りがありますので,早めに申し込まれることをお薦めします。

(3) ポスター講演
掲示するポスターは横83cm縦110cmに収まるよう作成して下さい。作成方法は自由です。初日から掲載できますが,コアタイムは2日目です。

6. 小集会

今大会では3つの小集会枠(1時間)を用意しております。応募先は講演と同じです。
応募数が枠を超えた場合には実行委員会で選考させて戴きますのでご了承下さい。

7.旅券,宿泊

実行委員会では斡旋しませんが,下記で取り扱っておりますので,必要な方は直接ご相談下さい。
【連絡先】
    北大生協旅行事業部 Tel: 011-728-0402  店長 長瀬

8. 大会会場へのアクセス

●地下鉄 南北線 北18条駅より徒歩15分
●JR札幌駅 北口より徒歩25分 タクシー5分

9.大会事務局,問い合わせ先

大会会長: 
久万田 敏夫
実行委員長: 
川田 光政
事務局長: 
青山 慎一
  〒044-0004 札幌市厚別区厚別東4条7丁目16-1
  Tel. Fax: 011-897-6641

10.その他

2011/ 2/ 7 公開

関東支部「春のつどい」(2011)


    地震のため残念ですが、中止になりました。

 関東支部恒例の「春のつどい」を下記の要領で開催いたします。
 皆様、どうぞお気軽にご参加ください。会員でなくても参加可能ですのでご興味のある方にも声をかけて下さい。

日時・場所

日時
2011年3月12日(土)13:00〜17:30 (開場 12:30)
会場
モンベルクラブ渋谷店Mont・bell5階サロン
   (場所は渋谷の東急ハンズの向いにあるお店(アウトドアショップ)の5階です。)
住所
東京都渋谷区宇田川町11−5モンベル渋谷ビル
電話
03−5784−4005
参加費
会員1,000円、非会員2,000円 (会場費・講演要旨代を含む)
(非会員の大学生・大学院生1,000円、高校生以下無料)
懇親会
会費4,000円 (大学生3,000円、高校生以下1,000円)
Mont・bell5階サロン (同じ会場です)

プログラム

    

一般講演

中臣謙太郎・横田光邦

樹林帯(温帯落葉広葉樹林など)に棲息するシャチホコガ科とhost植物

新津修平

オオミノガ終齢幼虫の頭幅サイズが小さくなるのはなぜ?

矢野高広・堀江清史

日本のベニモンマダラの調査とその現状−マダラガ科(Zygaenidae)−

大島良美

モンゴルにおけるウラギンヒョウモンの習性

中谷貴壽・宇佐美真一・伊藤建夫

ブルガリア産ベニヒカゲ(Erebia)属の分子系統地理

     <休憩>

Visheshni CHANDRA・Uma KHURMA・
Linton WINDER・矢後勝也・萩谷宏・井上 A.尚  

フィジーのアゲハ研究録

加藤義臣・宮下直

東京大学演習林田無試験地におけるアカボシゴマダラ越冬幼虫の季節消長

石塚正彦

ウラキンシジミ終齢幼虫のパラシュート降下について

曽我昌史・小池伸介

生活史特性を指標とした都市近郊林における蝶類の絶滅確率の評価

青柳幸樹

ふしぎ蝶の足 PART-W−タテハチョウは4本足で止まるのはなぜ?−


meeting
会場風景

連絡先

お問い合わせ
石川和宏
〒158-0097 世田谷区用賀2-32-1  
株式会社 パスコ コンサルタント事業部 
環境技術部 環境調査課
TEL:03-3709-6653
e-mail
企画・運営
日本鱗翅学会関東支部幹事会
担当評議員
宇野彰,北川朝生,栗山定,斉藤基樹,津吹卓,長谷川大,針谷毅,福田晴男,矢後勝也
幹事
小沢英之,長畑直和,新津修平
顧問
石川和宏,倉地正,瀬田和明,中谷貴壽
既に多数の方にご協力いただいておりますが、関東支部における「春」と「秋」の集い、等の葉書での案内を e-mail へ切り替えることにつきまして、ご協力頂ける方はアドレスを倉地(e-mail)までお知らせ下さい。
2011/ 1/27 公開

日本鱗翅学会四国支部第16回例会のお知らせ

※終了しました。

毎年恒例となりました四国支部の例会を開催します。
特に参加申し込みなどは行っていませんので、当日お気軽に御参加下さい。

日時
平成23年2月27日(日曜日)11:00〜17:00(予定)
場所
愛媛県総合科学博物館 生涯学習棟 3階 会議室
(松山道西条インターより約5分)交通アクセスはこちらを参照

本年は以下のような演題を予定しています。

テーマ講演「四国におけるジャノメチョウ類の最近の動向」

そのほかの演題

この他にも飛び入りでの情報提供や,標本の持ち込みも大いに歓迎致します。皆様お誘いあわせの上,ぜひご参加ください。

お問い合わせ

大西 剛
〒792-0060
愛媛県総合科学博物館
Tel: 0897-40-4109(代表)
Fax: 0897-40-4101
email_ohnishi

2011/ 2/14 改訂

近畿支部公開講演会
「大阪の昆虫の自然史 〜山本博子さんを偲んで〜」(仮)

※終了しました。

下記のとおり公開講演会を開催しますので、多数の方のご参加をお願い申し上げます。
会員以外の方のご参加も歓迎します。

主 催:
日本鱗翅学会近畿支部・南大阪昆虫同好会・大阪市立自然史博物館(仮)
日 時:
2011年3月13日(日)13〜17時(仮)
会 場:
大阪市立自然史博物館講堂(仮)
内 容:
山本博子さんの関わった調査研究について、6題ほどの発表を予定しています。
懇親会:
同館自然史センター(仮)

お問い合わせ先

日本鱗翅学会近畿支部幹事長 伊藤ふくお
  〒639-0201 奈良県北葛城郡上牧町片岡台3丁目1-25-101
  TEL:0745-51-7626, FAX:0745-51-7627
  
2010/11/21 公開

2011年 予定表

大会

7月30日(土)〜31日(日) ※終了
第58回日本鱗翅学会大会 (札幌市北海道大学高等教育機能開発総合センター)
2012年10月27日(土)〜28日(日)
第59回日本鱗翅学会大会 (松山市愛媛大学城北キャンパス)

アサギマダラプロジェクト

7月31日(日) ※終了
アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム(札幌市北海道大学)

信越支部

行事未定

関東支部

3月12日(土) ※中止
「春のつどい」 (東京都渋谷区モンベルクラブ渋谷店)
10月1日(土)13:00〜17:00 ※終了
「秋のつどい」 (東京都渋谷区モンベルクラブ渋谷店)
2012年3月10日(土)(予定)
「春のつどい」 (東京都渋谷区モンベルクラブ渋谷店)

東海支部

8月20日(土)〜21日(日) ※終了
東海支部:第147回例会(静岡市南アルプス赤石温泉)
12月3日(土)13:00-17:00 ※終了
総会兼第148回例会(名古屋市 名城大学)

近畿支部

3月13日(日) ※終了
近畿支部公開講演会「大阪の昆虫の自然史 〜山本博子さんを偲んで〜」(仮) (大阪市立自然史博物館)
5月7日(土)13:00〜17:00 ※終了
第142回例会・アサギマダラプロジェクト公開シンポジウム (大阪市立自然史博物館)
6月18日(土) ※終了
三草山トラストのゼフィルス調査
8月6日(土)、予備日 7日(日) ※終了
アサギマダラマーキング調査 (滋賀県打見山(びわ湖バレー))
10月2日(日) ※終了
第143回例会 (近畿大学農学部奈良キャンパス)
12月10日(土) ※終了
第144回例会(日本昆虫学会近畿支部との共催)
 Upd!  (大阪市立自然史博物館)

中国支部

11月19日(土) 13:30〜 ※終了
支部例会 (RCC文化センター 広島市中区)

四国支部

2月27日(日) ※終了
第16回例会 (愛媛県総合科学博物館)

九州支部

12月3日(土)〜4日(日) ※終了
九州支部大会 (日本昆虫学会九州支部との合同大会)
 (鹿児島市 鹿児島大学農学部共通棟1階101号講義室)
2011/12/12 更新

これまでのイベントのお知らせ

2010年

2010年度イベント過去ログ / 第57回大会(東京)案内

2009年

2009年度イベント過去ログ / 第56回大会(名古屋)案内

2008年

2008年度イベント過去ログ / 第55回大会(福岡)案内

2007年

2007年度イベント過去ログ / 第54回大会(新潟)案内

2006年

2006年度イベント過去ログ

2005年

2005年度イベント過去ログ / 第52回大会(藤沢)案内

2004年

2004年度イベント過去ログ / 第51回大会(松江)案内

2003年

2003年度イベント過去ログ / 第50回大会(高松)案内

2002年

2002年度イベント過去ログ / 第49回大会(青森)案内