2003年のイベント案内

このページでは、2003年のお知らせを掲載します。


日本鱗翅学会東海支部2003年総会兼第124回例会のご案内

※終了しました。

☆日時:2003年12月20日(土)13:00〜17:00
☆場所:名城大学9号館402号室
    名古屋市天白区塩釜口1−501TEL 052-832-1151(代表)
    名古屋地下鉄鶴舞線塩釜口1番出口徒歩5分
☆参加費:500円
☆特別講演:DNAから探るアゲハチョウの来た道
八木孝司氏  大阪府立大学先端技術研究所 RI生物環境科学研究分野
 大学院農学生命科学 研究科応用生命科学専攻教授

八木先生は合衆国国立衛生研究所研究員、京都
大学助教授,イギリス王立癌研究所客員研究員を
経て現職となられた方で,DNA分析、チョウ類
などの系統解析、がんの物質代謝ets多くの原
著論文を発表され幅広く活躍されています。

☆一般講演

東海支部事務局
TEL(FAX). 052-442-1503
愛知県美和町大字蜂須賀字花木前1-33 間野隆裕
e-mail: manotaka@muj.biglobe.ne.jp


第50回日本鱗翅学会大会

※終了しました。

記念すべき第50回日本鱗翅学会大会が,2003年11月8日(土曜)〜9日(日曜)の両日、『香川県歴史博物館』で開催されます。詳細・プログラムは第50回日本鱗翅学会大会のページへをご覧下さい。


関東支部「秋の集い」

※終了しました。

吹く風に秋の爽やかさを感じる候になりました。 さて、恒例となりました「秋の集い」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。今回は、一般講演の他、当関東支部・つくば昆虫談話会との共催による「茨城県特集」を計画しました。
皆様、どうかお気軽にご参加ください。会員でなくても参加可能です。

  • 日時:2003年10月18日(土)1:00〜5:00 p.m.(開場 12:30)
  • 会場:「清水とき きもの学園8階記念ホール」(志賀昆虫普及社そばの交叉点から児童会館方面に120m)
  • 参加費:1,000円(会場費・要旨代を含む)
  • 懇親会:「セピア」会費4000円(会場でご案内します)
地図


プログラム

 一般講演
瀬田和明         リュウキュウムラサキの飼育と生態展示
三橋 渡 リュウキュウムラサキ単性系に関する研究の過去と現在
 
 茨城県特集
山本勝利 茨城県南西部の谷津環境におけるチョウ類の分布
  −オオミドリシジミを中心に−
川辺愛徳 茨城県のゼフィルス
植村好延 ウラナミジャノメの地理的変異
 
 一般講演
猪又敏男 ヒメシロチョウの変異
中臣謙太郎 シャチホコガ科寄主植物の相関関係(1)
  ツバキを食うかホソバネグロ
新川 勉・延 栄一 遺伝子が証すウラギンヒョウモン類の系統
加藤義臣・坂倉文人 タイワンキチョウ幼虫の集合的採餌行動
 

  • 企画・運営:日本鱗翅学会関東支部幹事会
  • 担当評議員:岩野秀俊・矢野高広・仁坂吉伸・倉地正・三橋渡・大塚市郎・瀬田和明・小堀文彦
  • 幹  事:石川和宏・神部正博・利根川雅実・長畑直和・諸星重明

日本産蝶類の衰亡と保護 第5集発売のお知らせ

巣瀬 司・枝恵太郎 共編
日本産蝶類の衰亡と保護 第5集
2003年8月出版 B5判/約200頁 予価2,000円


第5集表紙

※完売しました。

2003年8月2〜3日開催予定の「第7回日本鱗翅学会セミナー」にあわせて、発売します。内容は1993年に発行した「日本産蝶類の衰亡と保護 第2集『日本産蝶類県別レッドデータリスト』」の改訂版とセミナーの講演要旨集です。

本件に関するお問い合わせは、下記まで。

日本鱗翅学会自然保護委員会委員長 巣瀬 司
〒337-0975 さいたま市代山172 シラサギ記念自然史博物館内
TEL 048-878-0500 FAX 048-878-3335


第7回日本鱗翅学会自然保護セミナー開催予告

テーマ:「日本産チョウ類の生息と保護の現状」

※終了しました。

最近は学校教育にも取り入れられている放蝶について、日本鱗翅学会会員による実践的な保護活動事例・科学的検証に基づく放蝶の効果などの発表を予定しています。今回のテーマで放蝶の是非を問うのではなく、日本産蝶類の将来を見据えて放蝶の方向性を探っていきます。

場 所:静岡県総合社会福祉会館(7階ホール)
    静岡市駿府町 1-70 電話 054-254-5221
交 通:バス利用の場合 静岡県北口のりば1・2・3番へ「市民文化会館前」下車徒歩約2分
    徒歩の場合  静岡駅から約15分
日 時:2003年8月2日(土)〜3日(日)
主 催:日本鱗翅学会自然保護委員会・静岡昆虫同好会
    (後援:静岡県教育委員会・静岡県自然保護室・静岡SBS放送・静岡新聞社)


静岡地図

本件に関するお問い合わせは、下記まで。

日本鱗翅学会自然保護委員会委員長 巣瀬 司
〒337-0975 さいたま市代山172 シラサギ記念自然史博物館内
TEL 048-878-0500 FAX 048-878-3335

プログラム案

平成15年8月2日(土) 14:00 開会

  • 基調講演1 チョウ類保全の現状と将来(中村康弘)
  • 基調講演2 チョウ類のモニタリングについて 2題(石井 実・宮田 彬)

(一日目終了後、静岡駅前松坂屋にて懇親会を予定しています)

平成15年8月3日(日) 9:30 開演

  • (午前)基調講演3 最近の放蝶問題と実践的な保全活動について 3題
    • 桜谷保之・菅野格朗「京都府木津川堤防に置けるホソオアゲハの生態」
    • 小林隆人「放蝶はオオムラサキの保護活動にとって有効か」
    • 中村康弘・岩見潤治・鎌田邦彦・宮崎由佳・池尻誠三・新谷隆之・中元 實
      「広島県世羅・賀茂台地におけるヒョウモンモドキの保全活動」
  • (午後)基調講演4 静岡県のチョウ類の衰亡と保護の状況 3題
    • 高橋真弓「静岡県内の蝶類の存亡と保護の状況」
    • 諏訪哲夫「静岡県蝶類レッドリストについて」
    • 清 邦彦「富士山麓における草原性蝶類の衰亡」
  • セミナー声明発表

15:00 閉会
このほか、小会議室で静岡県の保護すべき蝶類標本展示などを予定


 

※終了しました。

関東支部からのお知らせ

■関東支部主催

「夏季採集観察会(サマーミーティング)」参加募集

恒例の関東支部主催の「夏季採集観察会(サマーミーティング)」を下記の要領で開催いたします。大菩薩の下,採集に語らいに,楽しい1日を企画しております(夜は蛾の夜間採集の用意もします)。是非,ご参加下さい(関東支部会員以外の方のご参加も大歓迎致します)。

日時 : 2003年7月12日(土)〜13日(日)
場所 : 大菩薩下日川渓谷 嵯峨塩鉱泉
      村営日川渓谷レジャーセンタ
会費 : 8,000円を予定しております
     (交通費等は含まれません)。


参加御希望の方は、ハガキ、または e-mailで。住所・氏名・連絡先を明記して,下記までお申し込みください。折り返し当方より「ご案内連絡」をさせていただきます。なお、締め切りは2003年7月4日とさせていただきます。

申込先・お問い合せ先:
  矢野高広   


関東支部「春の集い」

※終了しました。

日増しに春の暖かさを感じる候になりました。
さて、恒例となりました「春の集い」を開催いたしますので、ご案内申し上げます。
皆様、どうかお気軽にご参加ください。会員でなくても参加可能です。

  • 日時:2003年3月15日(土)1:30〜5:00 p.m.(開場 12:30)
  • 会場:「清水とき きもの学園」(志賀昆虫普及社そばの交叉点から児童会館方面に120m)
  • 参加費:1,000円(会場費・要旨代を含む)
  • 懇親会:「セピア」会費4000円(会場でご案内します)
地図

プログラム

瀬田和明 足立区元渕江公園のチョウ
大島良美 成虫越冬中のチョウ6種
中臣謙太郎 ハンノキ林での昆虫4種の闘い
菅井忠雄・中村進一 神奈川県におけるアカボシゴマダラの発生
浅野勝司 アカボシゴマダラ幼虫の野外における越冬状況観察(中間報告)
橋本健一 モンシロチョウの光周反応の地理的変異
新川 勉・美ノ谷憲久・福田晴男・
岩野秀俊・近藤喜代太郎
Neptis属の分子系統
加藤義臣・吉岡泰子 アオスジアゲハ雄の配偶行動における視覚刺激の役割
井上 尚 アゲハは口で味をみる

  • 企画・運営:日本鱗翅学会関東支部幹事会
  • 担当評議員:岩野秀俊・矢野高広・仁坂吉伸・倉地正・三橋渡・大塚市郎・瀬田和明・小堀文彦
  • 幹  事:石川和宏・神部正博・利根川雅実・長畑直和・諸星重明

2003年度イベント一覧

2003年3月15日(土) 関東支部「春の集い」(東京)
2003年7月12日(土)〜13日(日) 関東支部観察採集会(山梨県日川渓谷)
2003年8月2日(土)〜3日(日) 第7回日本鱗翅学会自然保護セミナー(静岡)
2003年10月18日(土) 関東支部「秋の集い」(東京)
2003年11月8日(土)〜9日(日) 第50回日本鱗翅学会大会(高松)

戻る